« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月2日 - 2014年11月8日 »

2014/10/31

谷川 渥 著の「肉体の迷宮」へ

 今日、組合の大事なイベントである、定期大会があった。委員長として、大会を采配する大役を無事、務めることができて、ホッとしている。

4480095489_2

← 谷川 渥【著】『肉体の迷宮』(ちくま学芸文庫) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より) 「東西の美術・文学・哲学を自在に横断しながら、“肉体”と格闘した美意識を論じる独創的な表象論」だとか。 

 実際の戦いは、これからが本番なのだ、束の間の安堵の念に過ぎないと分かっているけれど、それでも、ホッとした気持ちなのは正直なところ。

続きを読む "谷川 渥 著の「肉体の迷宮」へ "

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/29

音楽という素数

 近づく定期大会へ向け、準備に大わらわな日々が続いている。
 とはいっても、、実務的には(穴があるだろうが)大方は終わっていて、神経の方が、大丈夫だろうかという思いで、やや浮き足立っているようである。

4272440381

← 桜井 進/坂口 博樹【著】『音楽と数学の交差』(大月書店) (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より)

 その証拠なのか、このところの寒い日々、電気ストーブを使っているのだが、朝、仕事で出かける際、スイッチをオフにするのを忘れ、帰宅して、家に入り、居間に入ると、そのもやっとした空気に、ああ、また消し忘れだ! と愕然とすることが続いた。

続きを読む "音楽という素数"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/10/27

「青い目の人形」富山にも6体

 NHKの夕方の番組(ニュース 富山人)の中で、「青い目の人形」の特集があった:
「とやま未来遺産(高岡ケーブルネットワーク)「青い目の人形」

Miss_shimane_1

→ 「インディアナポリスに贈られた答礼人形」 (画像は、「青い目の人形 - Wikipedia」より)

 人形については若干は知っていたし、まして、童謡も昔は結構、耳にする機会があった。
 ただ、それは、本居長世が作曲した童謡「青い眼の人形」なのか、野口雨情の詩である「青い眼の人形」とを合わせたものなのか、無頓着ではあった。

続きを読む "「青い目の人形」富山にも6体"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/10/26

セイダカアワダチソウ:秋の日は夢かと惑う泡の花

 今月上旬、富山県内各地を巡る機会に恵まれた。
 そのことについては、「この十日ほどで訪れた富山の名所の数々」や「五箇山の落ち武者伝説と民謡を巡って」などに若干のことを書いた。

Sdsc01034

← セイダカアワダチソウに浸食された、もとは芝生だった庭。小生が東京在住時代、二十年ほど暮らした集合住宅の芝生の成れの果て。「秋麗」参照。

 今日はその番外編というか、県内各地を車で回って気付いたことを一つ、メモっておきたい。
 それは、セイダカアワダチソウのことである。
 今さらというか、今頃になってと言うべきか、県内各地の野原や河原、空き地に生える雑草にセイダカアワダチソウが実に目立ったのである。

続きを読む "セイダカアワダチソウ:秋の日は夢かと惑う泡の花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月19日 - 2014年10月25日 | トップページ | 2014年11月2日 - 2014年11月8日 »