« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »

2014/01/24

電気炬燵は富山が発祥の地

 昨日、ラジオから流れてくる話をそれとなく聞いていたら、富山はコタツの発祥の地、という文言が飛び込んできた。
 以前、炬燵について調べたことがあるが(「電気炬燵と歩めなかった半世紀?」や「コタツムリ今昔」、さらに「炬燵について」など)、そんな話は聞いたことがない。何かの間違いではないか…と思いつつ、仕事中故、聞き流すしかなかった。

C0032234_m

← 歌川国芳『炬燵に美人』 (画像は、「Cat-City Museum:猫と浮世絵」より)

 そのあと、富山は40位とか聞きかじったが、仕事が入ったこともあり、何のことか分からず仕舞い。
 早速、というわけでもないが、せっかくなので調べてみた。

続きを読む "電気炬燵は富山が発祥の地"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/22

歩かなくなって久しい

 久しく夜道を歩いていない。散歩していないのだ。
 というか、そもそも歩くこと自体が減ってしまった。

51rtdeqyhl

← シニード・オコナー「蒼い囁き」( EMIミュージック・ジャパン)  (画像は、「Amazon.co.jp: 蒼い囁き 音楽」より) 昨夜、ラジオでたまたま聴いた「nothing compares 2 U(too you)」(邦題は「愛の哀しみ」かな)が素晴らしく良かった。 プリンスのカヴァー曲だとか。シネイド・オコナーと表記されることも。「シネイド・オコナー - Wikipedia」や、特に「シネイド・オコナー バイオグラフィー」が詳しい。参照。「Sinéad O'Connor - Nothing Compares 2U - YouTube」で視聴できる。

 近所での買い物だって、自転車を駆る。雨だったら車。雨の日には、用事があっても、傘を差して、なんてことはついぞしない。一か月に一度あるかないか。
 こんなに歩かなくなったのは、この数年のこと。

続きを読む "歩かなくなって久しい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/21

祝婚歌のこと

 田舎に帰省する度、小生が居住する部屋に落ち着くと、目にする歌がある。 父の手で書かれたらしいその歌は、ご丁寧にも額に入れて壁に掲げられている。 それは「祝婚歌」という。作者は吉野弘氏。

 実は、小生がその一部の方には有名らしい歌の作者が吉野弘氏であることを 知ったのは、つい最近のことである。また、額に収められたその歌には、タイ トルとして「二人に」と書いてある。だから、当然のごとく、小生はそのよう に思っていたのである。

 また、手書きの歌には作者名が記されていない。つまり、作者不詳の「二人 に」という歌として眺めていたのだ。
 前書きが長くなった。まずは、有名らしいその歌を以下に掲げておこう:

続きを読む "祝婚歌のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/20

奥の間を人形の部屋に

 雪は思ったほどは積もらず、今朝にしても零下にはなったが、昨日ほどにはカチンカチンの状態ではない。
 雪掻きのほうも、玄関先に屋根から落ちた雪をスコップで払いのける程度。除雪で疲労困憊という最悪の状況には至っていない。

Beyonc1

→ ビヨンセ (画像は、「マダム・タッソー館 - Wikipedia」より)

 とはいっても、降雪の冬はこれからが本番。油断はしない。油断したところにドカッと降ると、ショックが大きいからね。
 今日は休みの日。
 除雪の要もそれほどなくて暇な一日だった…はずだが、家の中の片づけで結構、時間を費やした。
 といっても、片づけ作業をやったのは、奥の部屋一部屋だけ。

続きを読む "奥の間を人形の部屋に"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/01/19

スローなゴンチャロフがいいのです

 昨日(土曜日)の早朝は、雪は降りやんでいたものの、前夜に降った雪がカチンカチンに凍結していて、正直、出社するのをビビったくらいである。
 こんな朝は、まず車を凍結から呼び覚ますのが一仕事である。

4003260678

← ゴンチャロフ【作】『 断崖〈1〉 (改版)』(井上 満【訳】 岩波文庫) 新装復刊、大歓迎である! 彼の小説はやたらと長いが、スローな物語の展開もにこだわることなく、語り口そのものを愉しめばいいのだ。

 ワイパーは、冬の常識として、ボディから離しておくが、閉じて置いたサイドミラーが凍結でスイッチをオンにしても、まるで動かない。バケツに溜めて置いた水を柄杓で汲んで、何度もミラーの根元付近にかけ流す。

続きを読む "スローなゴンチャロフがいいのです"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »