« 2014年8月24日 - 2014年8月30日 | トップページ | 2014年9月7日 - 2014年9月13日 »

2014/09/05

異形の画家「小林たかゆき」再び

 つい先日、遭遇し紹介した「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」さんの作品の数々(「異形の画家「小林たかゆき」を知る」(2014/09/01)参照)。
 ドンドン、新作が公表されている。描き殴るようにして描かれているのだろうか。けれど、絵に詩情が溢れている。今日気付いたのは、ユーモラスな雰囲気も漂っていること。

Sscn7931

→ 近所の野良猫が我が物顔に我が家の庭を…

 これなら、大衆性をも獲得するのは時間の問題と思われる。
 彼については、拙稿「異形の画家「小林たかゆき」を知る」(2014/09/01)などでも紹介したが、新作を改めて紹介させてもらう…勝手に!

続きを読む "異形の画家「小林たかゆき」再び"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/09/04

小説『グラディーヴァ』で徹夜作業の疲れを癒します

 昨日は、ホントに組合の書類作りで徹夜となった。
 まあ、作業に取り掛かり始めた時間が遅くて、夜の九時頃だったこともある。それから、作業に没頭し、一定の目途がついたのは、未明の四時前。

26229908_1

← ヴィルヘルム・イェンゼン (作)『グラディーヴァ ポンペイ空想物語 精神分析的解釈と表象分析の試み』(山本 淳 (訳+著) 松柏社) (画像は、「hontoネットストア」より)

 但し、議案書なので、会計報告も必要だし(これは、会計担当の方に任せる)、来年度の運動方針案も書かないといけない。
 思いがけずその任を担うことになった執行委員長代行職なので、にわか作りの方針案しか作れない。
 作る以上は、責任も生じるので、これは時間をおいて、頭を冷却して、改めて取り掛かることにした。

続きを読む "小説『グラディーヴァ』で徹夜作業の疲れを癒します"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/09/03

孤軍奮闘じゃないけれど

 今日は休み……なのだが、来月にも開かれる組合の定期大会の準備のため、忙殺されている…はずであった。
 が、なかなか作業に取り掛かれない。

4797375191

← イアン・スチュアート【著】『数学を変えた14の偉大な問題―フェルマーの最終定理からリーマン予想まで』(水谷 淳【訳】 SBクリエイティブ) 本日夕方読了。一般向け数学書の無類の書き手。これまで何冊、読んできたことやら。 (画像は、「紀伊國屋書店ウェブストア」より

 とうとう、読み止しの イアン・スチュアート著の『数学を変えた14の偉大な問題』を読了するまで、手つかず。気が付いたら、夕方…どころか夜になっていた。

続きを読む "孤軍奮闘じゃないけれど"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/09/01

富山の屋根瓦は黒光りする

 過日のこと、夕方近くのこと、お客さんとの雑談の中で、お客さんがふと漏らした感想(印象というべきか)にハッとさせられた。
 その方は名前は伏すが評論家で、富山の肩ではないのに、さすがに富山のことを勉強されておられ、また観察眼も並みではない。

Milkyw

→ 「天の川」(by kei) (画像は、「屋根の上の猫」(03/07/07)より)

 その方が漏らしたのは、富山の瓦って、黒光りしているんですね、であった。
 最初、何を言っているのか分からなかった。それがどうした、当たり前じゃないか、というのが率直な反応。
 が、話を聞くと、どうやら屋根瓦が黒光りしているのは、富山では当たり前でも、他の地域では必ずしもそうではないらしい。

続きを読む "富山の屋根瓦は黒光りする"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月24日 - 2014年8月30日 | トップページ | 2014年9月7日 - 2014年9月13日 »