« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »

2014/08/30

異形の画家「小林たかゆき」を知る

 ほんの数日前のこと、不意に全く面識のない人物から「友人追加リクエスト」が来た。
 大概は、無視するのだが、念のためとりあえずはサイトを覗いてみた:
[mixi] お絵かきチャンピオンさん
 その人物の名は、小林孝至たかゆき氏(以下、畏敬の念を込め、「小林たかゆき」と呼称し、敬称は略させてもらう)。

2014_1400

← 画像は、作者のホームページ「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」より。

 その画像群に驚いた。絵に力がある。訴えたいもの、描きたいという衝動が激流のように溢れ返っている。無定形の情熱が噴出する形も時も度外視して、奔騰している。
 絵を描く上での修練はもう、十年以上も継続してきているようだから、若き日の衝動や瞬発力だけではなく、持続力もあるようだ。

続きを読む "異形の画家「小林たかゆき」を知る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/28

見逃した特別展「川瀬巴水—生誕130年記念—」の周辺

 ネットである調べ物をしていたら、偶然、 大田区立郷土博物館にて、この春、特別展「川瀬巴水—生誕130年記念—」が催されていたことを知った。

332685498_31

← 川瀬巴水の版画「大森海岸」

 大田区は東京在住30年の最後の17年を過ごした場所。そして、東京在住時特別展「川瀬巴水 没後
50年 旅情詩人と呼ばれた版画絵師」展だった。
 その時に入手した図録は、所蔵した二百冊余りの図録を帰郷の際に手放した中、何とか死守した一冊である。

続きを読む "見逃した特別展「川瀬巴水—生誕130年記念—」の周辺"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/27

浅草 リオ カーニバル サンバダンサー 

 今年も8月23日(土)に浅草サンバカーニバルが開催された。
 自分の不注意だったのか、生憎、当日のニュースには、例年だったら恒例のように短時間とはいえ、報じられるカーニバルの模様が報じられなかった。あの広島の悲惨な状況があっては、仕方がないだろう。

2033

→ 「富山情報」(2014年08月27日 発行) 表紙を飾る美女は、サンバダンサーの牧聡子さん。高岡市生まれ。南米最大の真夏の祭典「リオのカーニバル」。彼女は、2012年と2014年の二度に渡り「スペシャルグループ」と呼ばれるブラジルの上位チームに所属。花形であるパシスタに選ばれたとか。 (画像は、「富山情報|媒体案内|株式会社カラフルカンパニー」より)

 ちなみに、「浅草サンバカーニバル」は、昭和56年の開始である。小生が上京しアルバイト生活ののち、港区海岸にある某輸出代行業の会社の社員として迎えられた年である。ある意味、東京生活の実質的な開始と同時に「浅草サンバカーニバル」も開始していた、という因縁(?)がある(← やや強引)。

続きを読む "浅草 リオ カーニバル サンバダンサー "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/25

鏡の中の白い影

白いドレスの女」の後日談:

 あれから何年が経ったろう。あれから…。
 いや、今さらどうしてあれからなのだ。何があったというのか。何もなかったじゃないか。
 オレの思い込み、勘違いに過ぎないのだ。そう、自分に言い聞かせてきた。

320pxmata_hari_6

← マタ・ハリ (画像は、「ファム・ファタール - Wikipedia」より)

 幸い、仕事の方は順調すぎるほどに忙しかった。街中を流していると、格別、繁華街などを探し回らなくても、矢継ぎ早にお客さんに遭遇した。 あまりの繁盛ぶりに、トイレへ行くタイミングを見つけられなかったり、食事もままならないほどだった。

続きを読む "鏡の中の白い影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »