« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »

2014/08/08

どこにもいないあなた

 どこでもないどこか。
 だれでもないだれか。

1398

← イタリア:アルプス山脈 (以下、画像はすべて、「Googleストリートビューのアートチックな写真:すごい画像」より)

 どこにもないどこか。
 だれにもないだれか。

続きを読む "どこにもいないあなた"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/08/06

忘却は宇宙を糾合するのです

 「忘却は宇宙を糾合するのです」

 あの星々は蒸発し去った魂の欠片たちなのに違いない。
 地上で焼き焦がされた骸の数々。
 見るも無残な変わりよう。

 ああ、でも、地上に肉片一つ残せなかった人たちもいる。腐臭すらなく、飛び出した眼球を手で戻すことも叶わず消え去った人々。

 道端の石ころに影だけが残っている。
 あの日の高い太陽にじりじり焼かれて、肉の形に黒々と刻まれている。

 なのに、あれから幾度も降った雨が、ダメだよダメだよの声も空しく、片鱗すら残さず洗い流してしまった。
 地上の星々が天の星々となって、みんな散り散りになって、酷いくらいの煌めきを放っている。

 孤独の深さ、憤りの強さ、恨みのしつこさ、諦めの悪さ。

 幾夜もの嘆き、日々の妄執。遠ざかる蒼穹。忘却への誘惑。
 空白の深さを思い知れとばかりに、今日も空は晴れ渡る。明る過ぎて、哭くこともできない。

 死の灰は今日も降り続く。まるで平和のシンボルを気取っている。
 地上が黒い雨にしとどに塗り込められたら、忘却の念に浸りきったなら、きっとその日こそ、点々は宇宙の攪拌を止め、地上の星々となって糾合し、あの日の復讐を遂げるに違いない。


続きを読む "忘却は宇宙を糾合するのです"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/04

こんな日もある

 今日は、小生にしては珍しく外出日和。午後は、組合の会議へ。
 夕方からは、会社の親睦会。ま、言ってみれば、納涼会である。でも、二時間食い放題飲み放題といっても、室内、それも地階みたいな場所で、眺めはお絶望的。まあ、給仕してくれる方が綺麗な人だったから、それだけは、まあ。
 思えば小生、会社の飲み会に行くのは、20年ぶりかもしれない。記憶する限り、93年の秋に行ったきり。
 行ったというより、場所が分からず、現地に行けず仕舞い。幹事が案内するはずが、新橋駅前でさっさと行かれて、置いてけ堀。

続きを読む "こんな日もある"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月27日 - 2014年8月2日 | トップページ | 2014年8月10日 - 2014年8月16日 »