« 電気の請求書を見るのが怖い | トップページ | 無限の空間の永遠の沈黙 »

2014/12/25

ピエロなんだもの

 夢が嗚咽のように噴出する。血と汗と涙のように、時も所も弁えず、ただ本能のように剥き出しに。
 ああ、しゃっくりのように止まらない発作。

Bmx28yeiyaaab9

← 林 俊作の作品「Sagrada Familia計画」(2014年4月29日) 第10回・アート部門奨励賞 ぜひ、拡大してご覧ください。

 真っ直ぐすぎて、魂をも射抜いてしまう衝動。
 目の前にぶら下がっている命。干し柿の真似をしているのか。それとも、いつの日かミイラになることを夢見ている?

 掴みたいんだよ。
 何をって?
 それが分かれば苦労はしない!
 ただ、掴みたいんだ。
 とりあえず真実と答えておく。でも、本当のところ、ボクにも分からない。

B5r3rznceaeewpn

→ チャンプ作「ツライのは君だけじゃないとゆうフレーズを待つ灯台守」(2014年12月25日 )

 ああ、夢は宙ぶらりん。そこに、そう、浮かんでいる。揺らいでいる。手を出せば、呆気ないほど簡単に掴めるはず。
 けれど、差し出した手をするっと抜け出し、半歩後ろに後退しては舌をペロッと出してボクを嘲笑っている。
 いや、ただ嗤っているだけなのかもしれない。ボクの真剣さが滑稽だって笑い転げているだけんだろう。
 ボクの直接過ぎる想いが窮屈過ぎて、息が詰まるってさ。

B5rxtwrcuaajarq

← チャンプ作「ごろリンPA」(2014年12月25日 )

 もっと、そう、のびのびと、体を、両手両足を思いっきり伸ばしてね。そうだ、大地にゴロンと寝転がればいいんだ。泥だろうが雑草だろうが、虫けらだろうが体にくっ付いたって平気。
 みーんな仲間なんだもの、ボクを寝床にするがいいんだよ。

B4yix50cuaatflg

→ チャンプ作「ピーターラビット描きたいピーターラビット描きたいピーターラビット描きたいピーターラビット描きたいピーターラビット描きたい黒人さんのピーターラビット描けたーーーーーー」

 体を開けば、心だって開く。太陽がその恵みを体いっぱいに降り注いでくれる。周りの誰もが君に愛を注ぎたくってうずうずしているのさ。
 ああでも、喉がイガイガする。喉だけじゃない、まるで体中にプラント・オパールが満ちているようだ。神経までがガラス粉に傷ついている。

B44luqrciaai1ct

← チャンプ作「ホダケリンバートンウイリアムサムグレンマイケル林檎スター」(2014年12月15日)

 身も心も焼き焦がされてしまった。まるで木炭だ。樵小屋に寝そべったら、誰もそれがもとはボクだってこそ、気付いてくれないだろうなー。
 えっ? 誰に焼かれたかって?
 自分さ。誰に焼かれたって記憶がないんだもの、自分で自分を焦がしちゃったって、思うしかないよね。
 ばっかだよねー。でも、ピエロなんだもの、仕方ないのさ。

|

« 電気の請求書を見るのが怖い | トップページ | 無限の空間の永遠の沈黙 »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/60865456

この記事へのトラックバック一覧です: ピエロなんだもの:

« 電気の請求書を見るのが怖い | トップページ | 無限の空間の永遠の沈黙 »