« やばい客 | トップページ | もっと哀れなのは 忘れられた女です »

2014/12/06

雪国の者には、シーシュポスの神話が童話に思える

 昨日は、富山は(も)突然の大雪で大わらわだった。雪は降るとは予想がされていた。但し、朝方では、夜半を回る頃という予報だった。

53669632_2124175335_33large

← お絵かきチャンピオンさん「下町霜街」 小生、彼の絵のファンである。(ホームページは、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」)

 冷たい雨が降っていて、霰になったり霙になったり、やばいかなーとは思いつつも、それでも、昼間は氷雨が雪に変わるのは夜半前後と思って(願って?)いたのだ。
 それが、午後の三時半を回った頃から、雨は雪に変わり、それも、いかにも富山らしい湿っぽい粒の大きな雪。

 雪は一気に世界を銀色の世界に染めていった。車の上にも見る見るうちに雪が積もる。
 富山は雪国の端くれである。雪には慣れている。
 けれど、大方の人は、朝の予報で身支度をしている。

73376

→ 大西巨人/著『神聖喜劇 第三巻』(光文社文庫) 第三巻を手にしたのは、夏だったような。合間に他の本を次々に読んだこともあって、四か月ぶりに読了。ホント、神聖なる喜劇である。(画像は、「神聖喜劇 第三巻 大西巨人 光文社文庫 光文社」より)

 通勤にしても通学にしても、足元は、雨対策くらいはしていても、帰宅の時間も雨だろうという読みなので、とてもじゃないが、行きたい宅はしていない。
 足元を気にしつつの帰宅の途となった。悲惨なのは車である。つい先日まで暖冬で、雪なんて想像も付かない。ノーマルタイヤの人も多い。タクシーでさえ、雪用に替えていなかったりして、営業所はタイヤ交換の作業に追われたりして、大混乱である。
 我が社の場合、多くのドライバーは早めにタイヤをスタッドレスに変更していたので、営業には支障はなかった。
 とはいっても、道路は夕方が近づくに連れ、渋滞の度が高まっていく。正直、富山の初冬で、こんな渋滞を経験したのは初めてだった。同じ途でも二倍から三倍の時間を要する。

Sscn8226

← 昨日の午後の四時までは雪がなかったのだ。

 驚いたのは列車さえ一時的に止まってしまったこと。雪で架線がおかしくなったとか。
 あの程度の雪で!
 数時間、止まったことで、夕方のラッシュ時だったこともあり、駅も大混乱。予定が入っていて、余儀なくタクシーを遠距離で利用する羽目になった方も多数いたらしい(確かにいました)。
 混乱は夜が更けても収まらない。不況の最中とはいえ、それなりに人の出があった繁華街では、帰ろうとタクシーを呼んでも一時間二時間待ちを告げられ、途方に暮れていたり。とうとう、雪の中、雪道を歩いて帰る若者も続出。

Sscn8228

→ 昼間、せっせと雪掻きをしたのに、そのあとも断続的に降り続き、汗を掻いたあとが水の泡。ホント、水泡に帰したのである。除雪作業を繰り返すと、シジフォスの神話なんて童話に思えてくる。白き魔と戦う者には、そんなの当たり前じゃん、と思えてしまうのだ。

 小生も、一件、仕事が終わると、即座に次の無線指令が入り、食事もトイレもままならない。トイレを我慢し、空腹を我慢し、営業を夜半を回った丑三つ時まで続けた。
 富山の人間は雪に慣れている…のだが、やはり、不意打ちの雪には降参気味だったのである。

|

« やばい客 | トップページ | もっと哀れなのは 忘れられた女です »

タクシーエッセイ」カテゴリの記事

写真日記」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

富山は初雪なのですか?
初雪がいきなり、ひどく積もると予定外で困りますよね。
けど、タクシーはその分繁盛して弥一さんには良いことかな?
東京は晴れていますが、やはり寒さはこたえる。
しかし、ヌクヌクした布団の中にいると、アイスが食べたくなって、つい食べちゃう。
富山はアイスどころではないかな。

投稿: oki | 2014/12/06 21:56

okiさん

当日、雪は夜になってからと、朝の予報では。
なので、女性には帰宅時は雨だろうからと、ハイヒールなど。車でもノーマルタイヤの方が少なからず。
なのて交通がマヒ状態に。
不意打ちですね。
これでは雪に慣れていても、途方にくれます。

金曜も忙しかったけど、土曜日はもっと大変だったらしい。もったいない!

コタツでアイス。この快楽は、東京より、富山など雪国の方が楽しめるのでは。
我が家にはコタツはないので、勿体ない。

投稿: やいっち | 2014/12/08 21:29

富山で死者まで出たようですね。
弥一さんも一人暮らしなのだからくれぐれも注意されて!
急な大雪で、店じまいしているところとか、品薄になっているところとかは?

投稿: oki | 2014/12/08 21:44

okiさん

富山、不意打ちだったので、対応しきれなかった。
一人暮らしなのは、ずっとで、誰も訪ねてこないので、休日に何かあったら、間違いなく孤独死ですね。
山奥ではないので、コンビニも近いので、当面は大丈夫。自分で買いに行ければ、の話ですが。

投稿: やいっち | 2014/12/09 20:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/60770267

この記事へのトラックバック一覧です: 雪国の者には、シーシュポスの神話が童話に思える:

« やばい客 | トップページ | もっと哀れなのは 忘れられた女です »