« 官能という言葉が高尚に感じる作品 | トップページ | 夜が明けると雪国だった »

2014/12/30

サナギ

 剥き出しなんだよ。裸じゃないか。皮膚さえ剥がれて。
 まっさらのこころ。まっさらすぎて、この世では淡雪の如く、生まれた瞬間から手足の先が融けていく。

001

← 4腕から6腕への途中。胃が珪藻でいっぱいです。(画像は、「いろいろな時期のプルテウス幼生」より)

 顔が蒸気のように大気に呑み込まれていく。
 自分でも嗤っている。可笑し過ぎて涙もでない。

 滑稽だ。
 何が滑稽って? 形が定まらないんだもの、嗤わずにいられないじゃないか。

Magicinthebreeze

→ Jesse Reno作「Magic In The Breeze」(12" x 12" on wood acrylic, oil pastel, pencil and collage)

 こんな奴でも、ほんの束の間、姿を現す瞬間がある。
 それは凍て付く日のこと。
 陽光さえも、お前にはすげなくする、そんな日のこと。

Ice

← ジェシー・リノ(Jesse Reno)作「Ice」(9" x 9" on wood acrylic, oil pastel, pencil and collage) オレゴン州ポートランド在のアーティスト。小林たかゆき(お絵かきチャンピオン)さんのツイッターで知った。

 紫外線が氷の台座の上のお前を刺し貫く、そんな北風の吹いている日のこと。
 氷の中の花を取ろうとした奴の姿が一瞬、夢幻のように浮かびあがったのだ。
 それは、蛹(さなぎ)だった。甲殻を毟られ、手足も繊毛と見紛うような儚さ。卵の中で眠っていたはずの未成の命が引きずり出されてしまった…お前にはそう見えたってね。

Larva

→ ジェシー・リノ(Jesse Reno)作「Larva(幼生サナギ)」(18" x 12.5" on wood acrylic, oil pastel, pencil and collage)

 糸杉の天辺に串刺しになって、カラスたちにやわらかすぎる腸(はらわた)を啄まれている。ホントに滑稽というか、哀れというか、まあ、凝視するしかない光景だった。
 嗤いは松の葉を揺らし、鏡の面(おも)を響かせ、真空の空を突き抜けていった。
 お前、無防備すぎるよ、誰だって嘲笑うにきまってるよ、そんな透明な肉の身じゃ。

Upsidedownvolcanoeglob

← Jesse Reno作「Upside Down Volcanoe Glob」( 9" x 41" on wood acrylic, oil pastel, pencil and collage)

 ああ、すり身が皿の上で泣いている。何処までも薄く切られて、透き通っている。
 それなのに、ボクは食べなくちゃならない。お腹が空いているんだもの、仕方ないよね。
 じゃ、いただいちゃうよ、いいね、いいよね。

|

« 官能という言葉が高尚に感じる作品 | トップページ | 夜が明けると雪国だった »

夢・夢談義」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

カラスの口は大きいです。
セミだって一飲み。
サナギもパクッと飲みこまれるのではないかしら…。
気温が低いと、サナギのまま越冬するみたいですね。
サナギじゃないけど、私はミノムシが好きでした。
これを読んで思い出しましたよ。
やいっちさん、今年もお世話になりありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を。

投稿: 砂希 | 2014/12/31 08:49

砂希さん

サナギ。身を守るものが全て。ひたすら殻を脱ぐ時を待つ。
ミノムシだと、殻の中はぶよぶよな状態。ただ身を縮こまらせるだけ。

本稿の「サナギ」は、人が身を守るものもなく、剥き出しのこころの人の心理を描いたもの。
挿画の「Larva(幼生サナギ)」を観て、咄嗟に閃き即興で書いたイメージ詩です。
意味のないナンセンス詩。

さて、年が明けました。説ブログに折々来ていただき、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: やいっち | 2015/01/01 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/60893846

この記事へのトラックバック一覧です: サナギ:

« 官能という言葉が高尚に感じる作品 | トップページ | 夜が明けると雪国だった »