« 忙しい日々 | トップページ | ピエロは嗤う »

2014/10/09

この滑稽なる人生!

 歪んだ命。踏みつけられた心。草葉の陰の体。
 命は砕けた岩の隙間を縫うようにして這い上がる。光へと。上へと。真っ直ぐ。

53669632_2111352551_212large

← お絵かきチャンピオン作「赤目顔スーパー」 (この絵の画き手をもっと知りたい方は、「小林たかゆき お絵かきチャンピオン」を参照のこと。以下同様)

 どんなに踏みつけにされても、命は毛細管現象を生きる。駆り立てられて。あるいは生き急ぐように。
 光ある世界へ。地を毛嫌いすることもなかろうに。

 なのに、光の世界は眩さに圧倒されて、多くの女は萎えてしまう。皮膚から浸潤する酸。脆くも崩れゆく骨。
 萎びた心のように、女は光あふれる部屋の片隅で縮こまる。

53669632_2111352065_93large

→ お絵かきチャンピオン作「光の届かないエリア」

 陰影は残酷だ。色を失った女は、誤魔化すことを知らない。表情を失ってしまう。そこにあるのは、オンとオフ、陰と陽、正と邪、睫毛と涙に溶けたマスカラ。 
 黒炭を掻き削るようにして壁面に描かれる命の軌跡。炭の粉塵は、肉の身に滲む血のようだ。

 コサージュは骨格の縮図。
 失われた色は何処へ消えた。垂れた体色は黒い雨のように乾いている。肺胞を埋め心を窒息させる。ロートレックの憤激を嘲笑う。
 
53669632_2111352199_160large

← お絵かきチャンピオン作「集」

 影の世界のダンサーたち。幽霊の踊り。霊魂を弄ぶ。抜け殻たちの束の間の癒しは嘆きのように透明だ。
 カラフルな嫉妬。うらぶれた悲しみ。純然たる愚かしさ。届かない祈り。
 色が色を失って、皆既月食の闇夜に葬られていく。色の輝きは褪せ、丑三つ時の聖櫃が輝きを放つ。
 慰め合う惨めさをみんなが嗤っている。
 ああこの滑稽なる人生!

|

« 忙しい日々 | トップページ | ピエロは嗤う »

ナンセンス小説 」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/60450838

この記事へのトラックバック一覧です: この滑稽なる人生!:

« 忙しい日々 | トップページ | ピエロは嗤う »