« 薔薇とバラの間に | トップページ | ワンちゃんから「蜻蛉日記」へ »

2014/05/29

30年、持ってくれ!

 我が家の洗濯機が故障した。洗濯中に。
 洗っている最中、妙に音が物足りない。モーターが回っている(?)音はするのだが。

Sscn7651

(二層式の洗濯機の)洗濯漕を覗いてみたら、洗濯物が動いていない。水だけ、流れている。モーターは回り、水は流れ、だけど、水流というか巻いているはずの渦が一切ない。
 仕方なく、洗濯漕の洗濯物を手で回して気持ちだけでも洗い、隣の脱水漕へ移して脱水。
 洗濯漕の水は脱水漕の動きで微動するだけ。

 ああ、とうとう我が家の洗濯機が壊れてしまった。

 諦めの悪い小生、洗濯漕をのぞき込み、下の方の回転する羽根を手で回してみる。何かが引っかかっているわけではなさそう。
 往生際の悪い小生、茶の間で暫し嘆いたあと、洗面所へ戻り、一旦、水を全部抜いたうえで、再度、少々水を注入して、洗濯漕を回してみる。
 すると、なんと、下の方の羽根が回るではないか。
 さっきは何だったのか。

Sscn7648_2

 だけど、何とも動きが鈍い。水を多めにしたら回らなくなった。
 故障の原因は分からない。

 長いこと、働いてくれた。酷使した。特に父母の介護に日々追われていた当時は、日に4度、5度と洗濯を余儀なくされ、時には、洗濯機では間に合わず、表に出て、盥(たらい)でゴシゴシやったこともあったっけ。

 思い出が浸み込んでいる商品。
 次の商品を買っても、家電リサイクルには出さす、しばらくは家の何処かに置いておこう!

Sscn7647

 商品は、日立製で、82年の製品である。
 まさか、当時、父母が中古を買うはずもない。ということは、32年間、現役でいてくれたわけである。
 近年の日本の電化製品は、製品としての寿命が短くなってきているとか。せいぜい十年も持てばいいほうだとも。
 永く丈夫で持ってくれる、信頼の製品づくりはどうした。あるいは消費者のほうが気が短くなってきているのか。 あるいは、新製品の開発期間、商品としての寿命が短い?

 たまたま新聞の折り込みチラシに載っていた製品を買いに店へ。
 行くと、現物の在庫はなくて、あるのは、中国製(日本で売られている日本のメーカーの商品でも、大概は中国製だったりするが、メーカー自体が中国)の商品だけが店頭に並んでいる。チラシの商品よりグッと安くなっている。
 思わず、食指が動きそうになる。
 でも、商品を買うとき、発作的にナショナリストになってしまう小生、製造ではなく、メーカーが中国の商品は敬遠した。
 高くても、日本製の、チラシの商品という決断は変えない。

Sscn7646

 偶然なのかどうか分からないが、チラシに載っていた目玉商品は日立製だった。

 次の洗濯機も、前のと同様、30年、持ってくれよ!

 ……と書いたけど、その前に、吾輩自身が30年は持たん!
 いえ、吾輩の体も30年、持ってくれ!

|

« 薔薇とバラの間に | トップページ | ワンちゃんから「蜻蛉日記」へ »

写真日記」カテゴリの記事

思い出話」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/59725964

この記事へのトラックバック一覧です: 30年、持ってくれ!:

« 薔薇とバラの間に | トップページ | ワンちゃんから「蜻蛉日記」へ »