« 日本の三大大仏は、奈良・鎌倉そして? | トップページ | 薔薇とバラの間に »

2014/05/25

砂人形

 一歩、踏み出してみる。ふわふわしている。浮いている? 粘り気のある空気。空中を漂っている…違う。溺れるように、沈み込んでいるのだ。

Sscn7638

 何処まで沈んでも際限がない。もう、終わりにしたくても、どうにもできない。
 やたらと広い、草原を歩いている。緑の木立が延々と続いていて、その中を小道がゆるやかに左へ、左へと曲がっていく。道の先は見えない。


 遠い昔、そう、思い出せないほど遠い昔、誰かと一緒に歩いたような気がする。
 崖っぷちの砂利道を、何処までも何処までも。
 今は? 今は、独りぼっちだ。一人っきりで、あてどなく歩いている。立ち止まって、木立の緑陰に憩いたいのに、足が勝手に動いてしまう。ここでない何処かへと、ひたすら移動していく。
 ここでなければいいのか。ここでなかったら、立ち止まることは許されるのか。

Sscn7636

 原っぱの葉っぱたちが風に揺れている。吹き過ぎる風。
 暑くもなく冷たくもなく、かといって、爽やかというわけでもなく、ただ、能面のような風が素知らぬ顔をして吹き過ぎていく。

 風に吹かれて歩きたい。でも、この空間は凍て付いたように、微動だにしない。凝り固まっている。パサパサに乾いた血糊の成れの果て。かつては生きていたのだ。
 生きていたのか、本当に。
 あの日、吐き出し過ぎたのではないか、血反吐を。
 知らぬ間に洗面器に吐き出したという命の証し。腸さえも、食み出してしまったのだろうか。

Sscn7635

 緑の世界の只中にいる、はずなのに、命の欠片さえ、見当たらない。目に眩しい黄緑色の草原の輝きは、氷の壁面の向こう側。
 ああ、やっぱり、透明なパイプの中に閉じ込められていたのだ。体中にチューブが張り巡らされている。人工呼吸器が断末魔のような、それでいて音にならない悲鳴を上げている。
 真空の時空をも震撼とさせている。
 こんなに明るい闇の世界に潜り込んで、どう迷えばいいのか。誰が迷うものか。
 誰もがアクリル板の向こう側で笑っている、哭いている、怒っている、嘆いている、歓喜している、退屈を持て余している。

 気が付いたら、私は、砂を弄っていた。昔、ある少女が砂で人形を作ろうと夢中だったのを思い出したのだ。
 足元に、否、そこらじゅうに飛散している砂を、埃を、粉塵を、懸命に掻き集めている。
 両手で抱え込むように集めて山にして、そうして人の形を、せめて命の形をなぞろうとしている。
 乾いた砂を哭きの涙で練り固めて、そうしてもう一度、甦らそうとしている。

Sscn7634

→ 裏庭のバラ。葉っぱは見事なほどに生っている。でも、開花しない。近所のバラは、満開になっているのに。

 問題は、もしかして、もう一度ってのがウソっぽいということだ。もしかして、お前は、一度も生きたことがなかったのでは、という疑念が蜷局を巻いている。それでも、形を作るしかない。
 他に何をすればいいのか、分からないではないか。

|

« 日本の三大大仏は、奈良・鎌倉そして? | トップページ | 薔薇とバラの間に »

ドキュメント」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

祈りのエッセイ」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

よく砂場で遊びました。
人形を作るには、水が必要です。
形を作ってから、乾いた砂をかけて固めます。
海岸に行くと、お城ができていることもありますね。
あの技術は素晴らしい!
生きてきた場所には足あとがついているんじゃないですか?

投稿: 砂希 | 2014/05/26 15:31

砂希さん

乾ききった砂、それともサラサラの粉塵。
自分の心(肉の身)について、剥き出しなほどに正直、直截な感覚を表現すると、そうなります。
潤いの一滴だにない。
水を遣りたいのですが。

アスファルトの道には、足跡など残らないね。ま、それでいいんだろうけど。

投稿: やいっち | 2014/05/27 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/59704275

この記事へのトラックバック一覧です: 砂人形:

« 日本の三大大仏は、奈良・鎌倉そして? | トップページ | 薔薇とバラの間に »