« 晴耕雨読とはいかないが | トップページ | 月を眺める猫 »

2014/04/04

末期の光

 穴の中にいる。そうに違いない。真っ暗闇。身動きはできる。でも、灯りひとつない窖の中じゃ、動こうにも、怖くてならない。
 暗闇。黒き闇。それでいて、真っ赤な闇でもある。

Sscn7082

 ホントは血の色の滲むような深紅の世界なのが、闇に沈んでいるばかりに、つい暗黒という言葉を浮かべてしまうのだ。
 肉襞の一点が空いている。ぽっかりと穴が開いているのだ。

 だったら、光の一筋でも漏れ入ってきていいはずなのに、プラネタリウムの天蓋に一つだけ、ポツンと星が煌めいているようで、こちらを照らす気配もない。
 光はあまりに遠いのか。外は光で溢れているのか。闇に慣れたものには、眩すぎて、まともに見入ったら目が潰れてしまうのか。
 天蓋孤独な白けた点は、すぐそこにある。それでいて、まるで手が届かない。光は澄明な孤独に浸っている。
 ここから出たいのか。出たくないのか、それが分からない。
 光は赤いのかもしれない。真っ赤過ぎて、熱が嵩じて白熱しているのかもしれない。だから、見つめたら目が一瞬にして溶けてしまうと感じてしまうのだろう。

 真っ赤な闇が蠕動している。繊毛が外の世界へと靡いている。
 何かを掻き出そうとしている。オレを? 
 時折、発作のような波の高まりを感じる。嘔吐しかかっている。オレを嫌悪しているのか。
 肺胞から吐き出されたのは、浮遊塵のひとかけらか、それとも、草臥れ果てた細胞の残骸なのかもしれない。
 違う? だったら何を吐き出さんとしているのだ?
 光をだって? この世界に光の一粒だってありゃしないじゃないか!
 そうか、もう、あるだけの光の粒子は外へと吸い出されてしまっていたのだ。
 もう、末期の光が掻き集められているというわけだな。
 それらが外の蒼白の海に流れ込んだなら、その時こそ、光の一点も閉ざされてしまう。縫合されてしまう。瘡蓋に覆われてしまう。穴の痕跡さえ、消え去ってしまう。

Sscn7084

→ 立山連峰の麓に高層ビル群? いえいえ、野晒しの墓の数々。地方ならではの光景です。

 オレが居た名残りは、みすぼらしい瘡蓋なのか。その瘡蓋も風化し、埃となって舞い散ってしまう。
 オレは粘膜のない、乾ききった岩の亀裂の狭間で息絶えていく。
 ああ、それも違うのか。そんな穏やかな末期など夢のまた夢だとは。腸の裏返るような吐瀉物がオレを窒息に追いやる? 
 肉切り包丁が俎板を叩いていた、そんな懐かしい音だけがオレの慰めなのだ。

|

« 晴耕雨読とはいかないが | トップページ | 月を眺める猫 »

写真日記」カテゴリの記事

創作(オレもの)」カテゴリの記事

夢・夢談義」カテゴリの記事

恋愛・心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/59411561

この記事へのトラックバック一覧です: 末期の光:

« 晴耕雨読とはいかないが | トップページ | 月を眺める猫 »