« 夢二題 | トップページ | もうすぐ雛祭り »

2014/02/28

還暦ロック

還暦 - Wikipedia」によると、「還暦とは、干支が一巡し、起算点となった年の干支に戻ること」だとか。

 昔は違ったようだが、「数え年に代わって満年齢を用いることが多くなったため、還暦祝いを満60歳の誕生日を中心に行うことが増えてきている」とか。
 さて吾輩も一昨日、目出度く還暦組の仲間入りである。

日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る。かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味でこの慣習がある」というから、何か赤い衣服をと物色してみたが、見当たらない。
 箪笥の肥やしの中に、真っ赤な毛糸のベストがあったはずだが、それだけだとちょっと中途半端。

 昔は人生50年と言われていたらしい。となると、数えであれ満年齢であれ、60歳なんて、高齢者どころか雲化霞のような存在だったのだろう。
 現代では、仮に成人式の向こうを張って還暦式を行うとしても、還暦を第二の人生の出発として祝う性格のもののようだ。

 吾輩にしても、先行きが短いのか長いのか分からないが、第二の人生が始まったと、もうひと踏ん張りしてみよう…と云ってみはしたものの、さて、何をやればいいのやら。

 そもそも、メリハリのない人生を送ったツケが回ってきていて、年輪を無駄に重ねたせいもあってか、一人の人間としては60年という歳月は短くないはずなのに、一向に人間的な厚みも重みも自覚できない(ましてよそからは全く相手にされない)。

 まあ、現代は男性であっても人生80年、あるいは90年の時代に突入している。
 ってことは、六掛けとして、吾輩は昔の36歳くらいの奴ってことだ(やや強引だが)。

 つまり、働き盛り、男盛りで、盛りの付いた危険な年代ということである(理屈が我ながら見えないが)。
 読むこと、書くことしか能がないけど、「監獄ロック」ならぬ「還暦ロック」でも喚きながら馬齢(うーむ。これは馬に対し、非礼な表現だ!)を重ねるとしよう!


 なお、下記の小文も参考に願いたい:
誕生日に寄せて
早生まれの意味、生きることのなつかしさ

|

« 夢二題 | トップページ | もうすぐ雛祭り »

恋愛・心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/59208701

この記事へのトラックバック一覧です: 還暦ロック:

« 夢二題 | トップページ | もうすぐ雛祭り »