« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »

2013/11/29

アリスからイアンへ!

 年末か年初ほどの寒波で寒い。冷たい雨がいつ雪に変わってもおかしくない。
 慌てて、ということでもないが、タイヤの交換に行った。

4797369698

← イアン・スチュアート【著】『数学で生命の謎を解く』(水谷 淳【訳】 SBクリエイティブ) 「数学は、生命の神秘を解明するために、どのように使われてきたか?イアン・スチュアートが最新の研究成果を通して明らかにする21世紀数学の最前線」といった本。今日から読み始めた。やはり面白い。

 自分で、とも考えたが、タイヤ(車)の専門家の方に、自分の車のタイヤの状態について意見を伺いたかったので、敢えて費用を覚悟で店へ。
 冬用も今年で三度目の冬を迎える。メーカーは2年ごとの交換を推奨しているとか。3年目の今年は変えどきなのかもしれない。

続きを読む "アリスからイアンへ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/28

北陸新幹線の新型車両

北陸新幹線の新型車両に早く乗りたいと思ったら、2014年春に東京-長野間でもう使われるらしい。どうせなら、北陸新幹線が開通してから新型車両に登場してほしかった:
北陸新幹線の新型車両を公開 NHKニュース

20120905110042985

→ 北陸新幹線の新型車両E7系&W7系 (画像は、「北陸新幹線・開業へのカウントダウン 鉄道好きが作るフリー壁紙・デザイン素材集」より)

続きを読む "北陸新幹線の新型車両"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/27

虎刈り状態の松

 なんだか不穏な陽気の日が続いている。昨日にしても、天気の変化がやたらと目まぐるしかった。
 今日も曇天で、今にも雨が降りそうなのが、降らないままに夜を迎えてしまった。

4105900587

← アリス・マンロー【著】『林檎の木の下で』(小竹 由美子【訳】 新潮社クレストブック) 「三世紀の時を貫く芳醇な短篇小説集。ノーベル文学賞候補、「短篇の女王」マンローによる12の自伝的短篇」だとか。書評などの評判もいいので、まずは読んでみることに。

 明日の遅くとも夜には平野部でも雪が、という予報が出ている。
 営業車のほうはタイヤを換えたが、自家用のは未だ。とりあえず冬用タイヤを車に積み込んでおいた。どこで交換するかが問題。

続きを読む "虎刈り状態の松"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/26

教科書検定は要らない

 教科書検定の締め付けが強まりそうだけど、そもそも検定なんて必要なの? 日本だけの 制度では? 日本は共産主義国なのかね。

検定 3.教科書検定の趣旨:文部科学省」によると、「教科書の検定とは、民間で著作・編集された図書について、文部科学大臣が教科書として適切か否かを審査し、これに合格したものを教科書として使用することを認めること」だとか。

続きを読む "教科書検定は要らない"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/25

秋の色から冬の色へ

 今はもう秋 誰もいない海…なんて歌詞の歌があったっけ。
 もう初冬と言うべきなのだろうか。山はとっくに雪化粧している。冬山で表層雪崩による死亡事故も発生している。

Sscn6354

← ドウダンツツジ(灯台躑躅、満天星)がいよいよ真っ赤になってきた。必ずしも日当たりはよくないのだが、そんなことなど関係ないとばかりに萌え盛っている。

 里のほうはというと、山にほど近い地域でも雪の便りは届いていないようだ。
 そうはいっても、雪国富山なのだし、車のタイヤの交換もボチボチ行われている。

続きを読む "秋の色から冬の色へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

そろそろ雪の季節

 今日、仕事で使っている車両のタイヤを交換した。
 無論、冬用に。
 いつもはタイヤ交換の得意な人に依頼していたが、今年は、相方にレクチャーを受けながら、あっという間に作業を終えた。
 手動のジャッキを使う訳じゃなく、会社にはツールが揃っているので、作業工程を知っていれば簡単にできる。

続きを読む "そろそろ雪の季節"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月1日 - 2013年12月7日 »