« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月1日 - 2013年9月7日 »

2013/08/31

愛用の自転車のこと

 数日前のこと、裏の畑の草むしりをひと段落させ、玄関に戻ってきた時のことである。
 何か、違和感を覚える。視線が自分にツンツンする感じ。
 見ると、玄関先に止めてある自転車の後輪カバーの上にちょこんとスズメが止まっている。
 なんとなく、自転車に改めて関心が湧いた。

Sscn5226

→ スズメ君、畑仕事から戻った小生に、ご苦労様って、言ってくれてるの?

 小生のの自転車は父の愛用車で、車を運転しない父は、近所は徒歩でだが、街中への用事を果たすとか、買い物などには自転車を活用していた。
 どうみても、ママチャリ風だが、母は自転車には乗らない。身長150センチもない母には乗れない大きさ。
 母は恐らく、自転車には一度も乗ったことがないと思われる。

続きを読む "愛用の自転車のこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/30

立山砂防工事…工期は無期限

 昨日、テレビでニュースを見ていたら(NHK)、富山は立山の奥地ある砂防ダムが話題に上っていた。
 が、録画したわけでもなく、じっくり情報を確かめることはできなかった。

Sscn5259

← 立山砂防工事の現場は普通では垣間見ることはできない。立山駅からさらに国土交通省北陸地方整備局立山砂防事務所が管轄する工事用軌道である、国土交通省立山砂防工事専用軌道(トロッコ電車)に乗って現場へ。本画像は、立山駅へ向かう途上の光景。まだまだ奥地へ。

 どうやら、「報道関係者への立山砂防事業現地説明会」があり、その際に撮られた映像や情報など、現地のレポートが提供されたらしい。

 せっかくなので、ネット情報などを参照に、立山砂防事業の周辺を見ておきたい。

続きを読む "立山砂防工事…工期は無期限"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/29

プルーストの絵を見るのは

 最高気温が30度に達しない日が続いている。朝夕は涼しさも感じて、湿度の低さと相俟って、とても過ごしやすい。
 あの猛暑の日々は何処へ行ったのか。別に懐かしんでいるわけではないが、ほんの数℃の気温の変化に大きく左右される人間(のみならず生き物)たちを置き去りに、季節はドンドン移り変わっていく。

Sscn5127

→ 過日、仕事で金沢へ行ってきた。その帰り、小矢部SAで小憩。数年ぶりでソフトクリームを食べた。SAの片隅には、松尾芭蕉の歌碑が。

 天気がよかったし、明日以降は雨が予想されていることもあり、庭木などの剪定や草むしりに汗を流した(追記:夕方のニュースで知ったのだが、富山は刺し高気温が34度だったとか。作業に没頭していて、暑さの程度が分からないでいた。最近にしては、妙に疲れるなと思ってはいたのだが…)。
 作業の終りには、畑へ。
 あれほどの収穫を齎してくれた畑も、そろそろ峠を越えつつある。

続きを読む "プルーストの絵を見るのは"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/08/28

由緒ある八田橋が危ない

 富山市の特に市街地には、歴史や由緒ある個所というのは、悲しいかな多いとは言えない。
 戦災でめぼしいところが焼失したことも理由としてあげられるかもしれない。
 それでも、「日本一の神通川舟橋」など、市街地にも見るべき個所はある。

Sscn5154

→ 「八田晴嵐」と題された石碑 実は、この橋を渡ることは結構あったし、橋のたもとにある石碑を眺めること、一再ならずあったのだが、「八田晴嵐」を小生、歌人の名前と勘違いしていた(つまり、調べてみたことがなかったわけである)!

 例えば、八田橋である。ここは、神通八景の一つで、景勝の地とされてきたのだ(今は、その面影を見出すには、かなりの想像力と歴史的地理的知識が必要である)。

続きを読む "由緒ある八田橋が危ない"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/08/27

宇宙から降る雨

 宇宙人はいるのだろうか。宇宙船なんてものは存在するのだろうか。
 宇宙人がいるとして、我が地球にやってくるのだろうか。やってきたことがあったのだろうか。
 来たことがあるとして、地球人は、宇宙人と遭遇したのだろうか。

Earth_a03

← 地球 出典suma-to.net (画像は、「NASA発表、史上最も近くに地球型惑星を発見できるかも - NAVER まとめ」より。 

 僅か(!)数光年先に、地球型惑星が存在するという。何が地球型といって、大きさや構成する物質の類似性もだが、何より水が存在するからなのである。
 何といっても、水なのだ。

続きを読む "宇宙から降る雨"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/26

ネタ元の絵が気になる

 ゆっくりじっくり読み進めている、吉川 一義氏訳の『失われた時を求めて』だが、今月中には、第四巻目を読了しそう。
 何度も書いているが、どの巻のどの頁、どの叙述を読んでも、ダレルことがない。常に新鮮な比喩と表現と分析を目にすることができる。
 
4003751132

← プルースト【作】 『失われた時を求めて〈4〉花咲く乙女たちのかげに〈2〉』(吉川 一義【訳】 岩波文庫) 今月中に読了かな。

 知られているように、プルーストのこの小説は、音楽や絵画(屁の言及やイメージ)が比喩の形で、あるいはほとんど直接的に、ふんだんに使われている。
 本訳書では吉川 一義氏が、他の研究者の研究成果も含め、ご自身の研究調査の結果を注の形で示されている。

続きを読む "ネタ元の絵が気になる"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/08/25

莫言作の『赤い高粱』に手を出す

 今日は暑くない! 真昼間、少しだけ畑に出たが、麦わら帽子が大袈裟かなと感じられた。
 家の中でも、網戸越しに吹き込む風が涼しく感じられる。
 あの暑い最中に比べて、ほんの数℃ほど低いだけなのに、こんなにも体感が違ってくる。
 いかに、人間などの生物が、わずかな温度変化に敏感か、狭い温度域の中に生活帯があるかを実感してしまう。 

Red_sorghum2

→ 張藝謀「紅いコーリャン」((1987年 映画) (画像は、「張藝謀「紅いコーリャン」 Internet ZoneWordPressでBlog生活」より。内容についても参照するもよし。)

 さて、過日より、莫言作の『赤い高粱』(井口晃訳 岩波現代文庫)をようやく読み始めた。
 やや、重い内容ということもあるし、このノーベル賞作家の本を読むのは、初めてということもあり、なかなか手にできないでいた。

続きを読む "莫言作の『赤い高粱』に手を出す"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月18日 - 2013年8月24日 | トップページ | 2013年9月1日 - 2013年9月7日 »