« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »

2013/07/20

この人の目を見よ!

 連日、猛暑が続いていたが、この数日は、低気圧の影響か、朝は21度前後、日中の最高気温は30度をやや上回る程度と、平年通りの気温の日々が続いている。
 今日にしても、こうした気温で、非常に過ごしやすい。

Mantegna_sebastiano_a01

→ アンドレア・マンテーニャ「聖セバスティアヌス(San Sebastiano) 」(1458-1470年頃 68×30cm | テンペラ・板 | ウィーン美術史美術館) この作品は、1910年にルーブル美術館に収められた。プルーストもこの画を見ていたものと思われる。小説の中では、ある登場人物を評するに際し、次のように描かれ、この絵が参照されているようだ。:「しかし私には、このゲルマントという名前を耳にしたとたん、わが家の友人の青い目の真ん中に、目に見えない針先で突かれたように小さな褐色の切れ目が穿たれ、それにたいして瞳の残りの部分から青い波が分泌されるのが見えた。瞼の隈は黒ずんで下にさがり、口元にはひとすじの無念の皺が寄った。ルグランダン氏はすぐに気をとり直して笑みをうかべたが、そのまなざしは身体に矢を打ちこまれた美男の殉教者の視線と同じで、いつまでも痛々しかった。(本書 p.282-3)」 ちなみに、美男の殉教者とは、聖セバスティアヌスのことである。描かれているセバスティアヌスの哀れな目を見よ! 「(画像は、「アンドレア・マンテーニャ-聖セバスティアヌス-(画像・壁紙) サルヴァスタイル美術館」より)

続きを読む "この人の目を見よ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/07/19

羽根のない扇風機から神風が吹く ? !

 帰郷して間もない頃、近所のお寺の住職に招かれ、しばしの時を過ごしたことがある。
 本堂の一角に卓球台があって、卓球に興じ、その後、居間(客間)でお茶を喫しつつ、しばしの歓談。
 お寺の中を案内してもらって、その意外に広いことに驚いたりした。

800pxhk_causeway_bay_sogo_east_poin

← 「ダイソン・エアマルチプライヤー」 (画像は、「エアマルチプライアー - Wikipedia」より)

 お寺も何年か前、建て替えされ、大きく様変わりしたが、住職の住居のほうも、建て増しを繰り返し、随分と部屋数が増えている。
 読書(本)好きということもあり、二階の書庫には、数千冊、あるいはそれ以上の本がギッシリと詰め込まれていた。

続きを読む "羽根のない扇風機から神風が吹く ? !"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/07/18

健康幻想

 過日、健康診断を受けてきた。毎度のことながら、結果が心配である。
 今年も黄色信号が点滅するのだろうか。

Sscn4822

 ということで、昔書いたエッセイを載せてみる。
 健康幻想なんてやや高飛車に嘯いているけど、やっぱり健康な体のほうがいい。
 健全な体に健全な心が宿る…はずなのだし。

続きを読む "健康幻想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/17

野菜好きだったらなー

 富山は未だ梅雨が明けていない。
 予報によると、あと数日は、いかにも梅雨を思わせる空模様の日が続くらしい。

Sscn4828

← キュウリ、ナス、ゴーヤ。中1日で、これだけの収穫。一昨日も。プチトマトが好調。結構、美味い。

 明けてほしいような、でも、たださえ暑い日が続く中、夏本番となったら、どれほど暑くなるのかと思うと、先延ばしを望むような、ややっこしい気分である。
 雑草も勢いづいているのだが、湿気が濃厚なせいだろうか、緑が濃い。雨上がりの時など、表面の埃が現れるからか、葉っぱが皮膚呼吸を復活したかのように、生き生きしている。

続きを読む "野菜好きだったらなー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/16

もうしばらくは扇風機で過ごします

 久しぶりに来客があって、茶の間へ招じ入れる。
 普段は、トランクス一丁という姿で、扇風機の風、網戸からの風で涼をとっているのだが、さすがにお客さんに小生の流儀を押し付けるわけにもいかず、エアコンを使った。

07010124

→ 高校時代あるいは大学生の頃までは、冬ともなると、我が家の茶の間の窓からは、こんな光景が広がっていた。

 さすがに、涼風の気持ちいいこと。
 お客さんが帰った後も、使いたい誘惑に駆られたが、心を鬼にして、スイッチを切り、大急ぎで、閉め切ったドアや窓を全開にし、外の空気を招じ入れ、あるいは扇風機を回し始める。

続きを読む "もうしばらくは扇風機で過ごします"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/15

扇風機をめぐるエトセトラ

 小生の部屋では扇風機が大活躍している。今の扇風機で、一体、何代(台)目になることやら。初めて扇風機を買ったのは、いつのことだったか、もう、そんなことも覚えていない。
 部屋にはエアコンがあるが、冷房に弱いのか、めったには使わない。それでも、この夏は極端に暑く、とうとうエアコンのお出ましを願うしかないようである。

Sscn4779

 数年前だったか、先代の扇風機がとうとう故障してしまった。今の扇風機は実はもらい物なのである。暑くて苦しいなんて騒いでいたら、優しい方がプレゼントしてくれたのだ。下手なことを言うものではないと思った。自分としては、そんな貧乏生活もエッセイなどに書いている。つまり、ネタにしているというわけなのだ。
 でも、それを可哀想と思ってしまわれる方もいる…、その点への配慮が足りなかったと反省している。

続きを読む "扇風機をめぐるエトセトラ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/07/14

ゼロとレイの間

 過日、暇の徒然に、桜井 進著の『感動する!数学』を読んでいたら、数字の【0】は、日本語では、「ゼロ」と「レイ」と言い方と読み方がある、読み方での異同は、という話があった。

Sscn4768

→ 畑や庭のあちこちに、グラジオラスが花盛り。拙稿に「グラジオラスは恋の花(後編)」などがある。

グラジオラス恋の剣と天を突く    (や)

 事故での死者の数は、ゼロだが、レイとは云わない。
 ゼロは数学の0で皆無を意味する。

続きを読む "ゼロとレイの間"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月7日 - 2013年7月13日 | トップページ | 2013年7月21日 - 2013年7月27日 »