« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月14日 - 2013年7月20日 »

2013/07/13

たそがれてきました

 過日のことである。我が家の近辺で大掛かりな電気工事があった。
 新しい電信柱が立ったりして、予てより何やら工事が続けられていた。
 それが、過日、とうとう最後の段階に至ったらしく、我が家の周辺一帯が道路封鎖され、さらに停電となった。
 夜中に始まり、朝方の、多分、六時頃まで。

Sscn4774

← 今朝未明から日中にかけての雨は、庭にも畑にも、そして紫陽花にも恵みの雨となった。

 折悪しく、小生はその日は出勤。
 いつも通り、車を使っての出勤。
 出かけるのは、工事が予告されてる日の朝なので、問題はないが、帰りが困る。

続きを読む "たそがれてきました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/12

3年ぶりの猛暑なのか

 蒸し暑い日々が続いている。
 富山(北陸)は未だ梅雨は明けていないはず。
 なのに、35度を超える日もあるほどの暑さ。

Sscn4741

→ 畑の隅っこでは、今年もヒマワリやらグラジオラスなどが咲き誇ってくれている。

 昨年、日除け(サンシェード)を家の周りに数枚、張った。
 今年も、朝日の当たる東側に2枚、西日の当たる側に2枚。他にツタ風のサンシェードなども。

 緑のカーテンは、連作で不毛となったので、今年は畑に植えた。
 つまり、家の周りに張り巡らしたカーテンは全て、市売のもの、というわけである。

続きを読む "3年ぶりの猛暑なのか"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/07/11

プルーストの絵の好み

 プルーストの「失われた時を求めて」を読み始めた。
 今日は、かの有名なマドレーヌの場面。

Fcorotcc

← ジャン=バティスト・カミーユ・コロー 《シャルトル大聖堂》 (1830年、1872年に加筆 油彩、カンヴァス 縦64 cm、横51.5 cm ルーブル美術館) 本書によると、「プルーストは1920年、ルーブル美術館が所蔵するフランス絵画の傑作8点を選ぶアンケートに答え、その1点にこの絵を挙げているとか。だが、小生も一瞥して感じたが、「この画面構成は見る者を一目で驚かせる。三本の木、敷石、家並みの見える「空地」が、聖堂の巨大な身廊と尖塔と対照を成している。尖塔を隠すと建造物は画面全体に溶け込むのだが、そうでなければ全体の均衡は安定しない。この点について1872年にコロー自身も批判しており、前景の岩塊の上に座る少年を描き加えることによって改善を試みている」とか。(画像は、「ジャン=バティスト・カミーユ・コローの《 シャルトル大聖堂 》-高品質複製画販売ならワールド・マスターピーシズ.JP」より。情報は、「《シャルトル大聖堂》 ルーヴル美術館 パリ」より)
 
 評論家としても有名なプルーストは、絵画への関心も深い。一方、映画などの映像への評価は、どうか。

続きを読む "プルーストの絵の好み"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/10

いよいよ「失われた時を求めて」へ!

 昨日の日記に書いた事情もあって、昨日、中元をデパートに買いに行った
 そのうち、暑中見舞いの葉書も関係者を中心に送る

Sscn4722

→ 自作のプチトマト。初めて食べた。美味かった!

 そのことで、昨年、三回忌が済んだことを銘記してもらうことにする

 それはそれとして、今年後半は、プルーストの「失われた時を求めて」を読み通すことにしている。
 なので、過日、「1 スワン家のほうへ I 」(吉川 一義 訳 岩波文庫)を買い求め、昨日から読み始めた。
 読み始めたとなると、手元に第一巻しかないのは、何か心許ない。

続きを読む "いよいよ「失われた時を求めて」へ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/09

三回忌は昨年、済みましたよ!

 過日、親戚のものから電話があった。
 かなり近い縁者だと思ってくれていい。
 電話の要件とは、「今年、三回忌だにか。どうするがけ?」と。

Sscn4713

 小生、一瞬、頭の中が真っ白になった。
 今年が三回忌の年に当たる? ええ? 何の準備もしてないぞ、やばい、急いで…云々。
 あまりに突然の話、しかも重要な話にパニック状態である。

続きを読む "三回忌は昨年、済みましたよ!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/07/08

暑さに耐えて極北の海へ

 うだるような暑さ。しかも、まだ富山(北陸)は梅雨が明けていない。
 我が家には古いがちゃんとエアコンはある。

Sscn4711

→ 土曜日、収穫を怠ったばかりに、今日は収穫が山盛り。キュウリは育ちすぎてしまって…。あちこちにお裾分け。自分は、今回は見合わせる。冷蔵庫に作り置きの浅漬けがたっぷりある。

 けれど、昨年もサンシェード(日除け)で暑さをしのいだように、あわよくば今年もエアコンは使わずに…と思っているが、どこまで耐えられるか分からない、自信がない。
 日中、組合の寄合があり、二時間ほどミーティング。会議の内容を纏め、原稿に起こすのが小生の役目だが、話の内容が多岐に渡り、ドンドン、飛んだりするから、メモもまともに取れるはずもなく、どう要点をまとめるか、頭が痛い。

続きを読む "暑さに耐えて極北の海へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/07

ダーウィンあれこれ

 梅雨の終りを告げているような、不穏な雨模様の中、グウェン・ラヴェラ著の『ダ-ウィン家の人々 - ケンブリッジの思い出』を読み終えた。

2008_0613071003tonai0018_2

→ 富山点景 「 富山県富岩運河環水公園

 粗忽者の小生、ダーウィンの生きた当時の社会を活写してくれる本だと思い込んで、早まって買ってしまったが、当てが外れた。
 本書は、19世紀末のヴィクトリア朝の窮屈な建前社会を生きる、女性たちの暮らしぶりや息遣いが生き生きと書かれている。

続きを読む "ダーウィンあれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月14日 - 2013年7月20日 »