« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »

2013/04/20

天皇皇后両陛下の式典出席に異論あり

 今日は寒い。真冬並み。
 しかも、ますます寒くなりそうなニュースがある。

昭和27年にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立を回復した4月28日を「主権回復の日」と位置づけ、政府が同日に都内で式典を開く方向で検討を進めている」( 「4・28を「主権回復の日」に 政府主催式典を開催へ」( MSN産経ニュース)より)。
 さすがに産経は、昭和27年としているが、つまりは1952年4月28日である。
 正式名称は、「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」だとか。

 開催は、一部に反発の声があるものの、既に決定されているようだ。
 しかも、天皇皇后を招いて!
 

続きを読む "天皇皇后両陛下の式典出席に異論あり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/04/19

木造建築の新たな可能性

 食事中はテレビを見るのが習い。
 夕食は七時頃からで、NHKニュースを観、その流れで「NHK クローズアップ現代」を見た。

Sscn3411

← 18日、前日買ってきた「三重カナメ」7本を植えた。南面する車道沿いの細長い花壇。去年まではゴーヤやヘチマを植えていたが、連作の影響か、昨年は収穫ゼロだったので、別のものを植えることにしたのだ。何年かしたら、生け垣そして日除けになってくれると期待して!

 余程、興味のないテーマでない限り、この番組は仕事中でも車中で観る。
 今日は、「進む都市の“木造化”」なる話題だったので、見逃さなかった。

続きを読む "木造建築の新たな可能性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/18

オオマサガスは驚異のガスか

 昨日は風はあったが、暖かだった。それが今日は一転して、ストーブが恋しくなるような寒さ。
 しかも、まだ寒くなるとか。
 また、パッチを穿かないといけないのか…

Sscn3332

 さて、昨日、夕食後のひと時、何気なくテレビを見ていたら、いつの間にか釘付けに。
 見ていたのは、「笑ってコラえて」で、テーマは「オオマサガスの新たな展開」だった。
 最初は半信半疑で観ていたが、それは小生の無知のなせるわざと分かった。
 今年の教科書にも載るほどに、評価の定まった研究成果なのだった。

続きを読む "オオマサガスは驚異のガスか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/17

お化け体験(?)の後日談

 思いがけない仕事とはいえ、たまに普段とは比べ物にならないほどの残業をすると、やはり体調が狂ってしまう。
 月曜日の夜半からの超ロングの仕事。
 火曜日は、午前11時前くらいに帰社し、諸手続きや洗車を済ませて帰宅したら、もう昼過ぎだった。

Sscn3399

← 照手桃。先日植えたバラの苗とのツーショット。

 さすがにベッドに直行…と思ったが、それも面倒で、茶の間のリクライニングに体を埋め、そのまま仮眠。
 ほんの数時間の仮眠後、既に日暮れに近づいていたが、鉄は熱いうちに打て、じゃないが、ぼんやりした意識と体のまま、机に向かい、ブログ日記を作成

続きを読む "お化け体験(?)の後日談"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/16

お化けが出た!

 昨夜、お化けが出た!
 富山市のど真ん中で。
 といっても、タクシー業務中でのこと。

Sscn3365

→ 無事、役目を果たし、帰路に着いた。さすがに徹夜での長距離運転は心身に堪え、三度も仮眠や休憩を取った。往路は4時間だったが、帰路は六時間ほど!

 タクシー業界用語で、遠距離利用客のことをお化けと読んだりする。
 特に、「思いもよらぬ時間や場所で極端な長距離客を乗せた場合に駅付けでお化けが出たなどと言う使い方をする」のだ。

続きを読む "お化けが出た!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/15

水仙が花盛り

 春の到来と共に山茶花の季節は終わり、椿の花盛りの時がやってきた。
 けれど、その椿ももう終わりに近づいている。
 多くの花が、まるごと、ボタッと落ちているし、落ちないまでも萎れて、褐色などに退色していて、見ていて哀れな気がする。

Sscn3305

 長年、山茶花も椿も一緒くたにしていて、我が家の山茶花は冬の真っ盛りに咲き始め、冬の間ずっと咲くやつもあれば、冬の終り…春の到来と共に蕾が一気に咲き始めるのがあって、ヴァラエティに富んでいると思っていたが、春に咲き始めていたのは、椿だと指摘された。

続きを読む "水仙が花盛り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/14

桜の木には死の臭いが漂っている…

 昨日、土曜日、松川沿いやいたち川、さらには神通川沿いの桜並木を眺める機会に恵まれた。
 ようやく春らしい温暖な日和に恵まれ、桜の開花の季節も終わりというのに、人の出が多かった。

Sscn3346

 今日、日曜日は昨日以上に暖かだが、やや風が強く、いかにも桜の花びらたちよ、潔く散るのだぞと、天が囁いているようでもある。
 桜は開花し始めもいいし、五分咲き、あるいは満開の頃もいいが、何時の頃からか、散り際こそ桜の花を愛でる、いかにも日本人らしい美感ということになっている。
 散り際の潔さの美学。
 それは那辺にあるのか。

続きを読む "桜の木には死の臭いが漂っている…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月7日 - 2013年4月13日 | トップページ | 2013年4月21日 - 2013年4月27日 »