« 黄色いライン | トップページ | 空っぽな心をいかんせん »

2013/12/30

ドアを開けて入っておいで

 何、云ってるんだ。あれは合意の上のことじゃないか。無理矢理だって? ドアを開けたのは君だろ。それを今更、どうこう云ったってさ、世間じゃ通らないぜ。な、物分かりのいい子になりなよ。会話のドアは常に開いてるからさ、また、ドアを開けて入っておいで。 (ツイッター用小説)

 お掃除は風呂上がりに、軽い運動のつもりでやっている。素っ裸で! なので(?)大掃除はやらない!

 年賀状、今年までは印刷屋に頼んでたけど、高い。来年からは自前のプリンターでやるか な。

 富山城の城址公園にカターレのサッカー場を作ろうという構想。全天候型のスケートリンクなど、どうだろう。地下に冬の間、除雪した雪をためておいて、夏の冷房に使うとか。

 引っ越しは通算すると、7回か8回。若い頃は新鮮さがあって面倒も苦にならなかった。でももう、転居は嫌だ。帰郷して、心身共になまっちまったぜ。

|

« 黄色いライン | トップページ | 空っぽな心をいかんせん »

ツイッター」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/58846333

この記事へのトラックバック一覧です: ドアを開けて入っておいで:

« 黄色いライン | トップページ | 空っぽな心をいかんせん »