« 柏原兵三著の『長い道』を読み始める | トップページ | 記録更新じゃないけど »

2013/11/12

忙中読書あり

 久しぶりの連休だった。生憎、この秋(?)一番の低気圧というか冷たい空気が日本を見舞い、今季一番の寒さとなった。
 ストーブを出したのはもちろんだが、灯油を買い込んだ。300リットル。

Sscn6098

→ ミカンの木や南天、山茶花、ツゲなどの木々の間の小道。表から裏口へと続く。

 さらに、初めてなのだが、オイルヒーターをも購入。これは寝室用。茶の間などは出入りが結構あるので、石油ファンヒーターでもいいけど、寝室は一晩を閉じこもって過ごす。どうも、石油ファンヒーターで灯油が燃え続けているってのが、酸欠か何かが怖くて、前々から避けたいと思っていた。

 電気ストーブもいいけど、初めての試みとして、オイルファンヒーターを設置。

 寒さもだが、この連休、雨にも祟られた。
 お蔭で(?)、外仕事は買い物以外はできない。庭仕事はやらない分(風雨で溝に溜まった落ち葉などを掻き出したりしたが)、他の用事をあれこれ済ませた。不明の保険の問い合わせ(保険給付の対象外ということだった)、入手したばかりなのに、まるで充電のできないヘッジトリマーについて苦情電話(充電装置だけじゃなく、本体も含め交換することで決着)、クリーニング、オイルヒーターの設置、灯油300リットルの購入(ポリ容器やドラム缶に給油)など。

Sscn6113_2

← 画像が不鮮明だけど、柿。次郎柿だとか。親戚の人に名前、教えてもらった。甘柿。あげたら、美味しく頂いたと連絡を貰った。

 さらに、組合の代議員会出席(伴って秋闘の要求書の下書きを書いた)、報恩講(これは付き合いを断ってきたはずの寺の住職が呼ばないのに来たので、仕方なく自宅で。お布施が痛い)などなど。

 無論、連休なので、明日は休みということで、読書もそれなりに。柏原兵三の『長い道』を家事の合間合間に読んで、半分ほど読み進めた。

Sscn6099_2

→ 山茶花とミカンのツーショット。柿をたっぷり、ミカンも、貰ってもらった。ミカンの実が今頃、黄色く色づいているなんて、この5、6年で初めて。大概、正月になっても緑色のままだったのだ。なぜなのか、分からない。そういえば、山茶花だって、満開。咲くのが早過ぎて、なんだか怖いような。

 結構、面白い。苛められる話なのだが、主人公(作家本人だろう)は、東京時代、小学校の級長を務めた成績優秀な少年なので、田舎(富山)でも副級長となる(それがまた、嫉妬や苛めのネタとなる)。
 田舎の小学校でボスである級長らに苛められるのだが、逆らうこともできず、級長らに命じられるがままに、何か面白い話をせよ、と言われる。

 この級長も成績優秀だし本好きだが、家の用事が忙しいし、本を買うのも容易な環境ではない。だから、副級長の主人公に物語を語らせるのだ(その間だけ、苛めが緩和される)。

 面白い話といっても、要は読書好きな主人公がそれまで読んできた本の内容を登下校の長い道々、語って聞かせるのだ。

Sscn6077

← 秋も深まると、赤く萌える謎のウルシ科の木。ハゼノキだろうか。手前の赤っぽい葉っぱの小さな木は、照手桃(てるてもも)である。

 少年としてみれば、何度も読み返した本で、内容を知悉しているのだろうが、それでも、苛めグループに命じられてであろうと、面白く語って聞かせる能力があるってことが凄い。
 芸は身を助く、ではないが、後年の作家の才能の片鱗を示していたということなのか。
 とにかく、記憶力が凄いと感心する。作家の資質の一つは、生活や思い出、人間関係の細部をねちっこく覚えていることなのかもしれない。

|

« 柏原兵三著の『長い道』を読み始める | トップページ | 記録更新じゃないけど »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/58563401

この記事へのトラックバック一覧です: 忙中読書あり:

« 柏原兵三著の『長い道』を読み始める | トップページ | 記録更新じゃないけど »