« 莫言…言う莫(なか)れ…もう、云えん | トップページ | 古ぼけた障子紙 »

2013/09/05

侘びでも寂びでもなく

 雨が降っている。
 雨の音がまともに部屋になだれ込む。

Sscn5375

 一人きりの部屋。だから、尚のこと、雨音が喧しく聞こえるのかもしれない。

 やがて、雨音が一点に集中する、そしてその一点とはあの人の雨傘だったりするような、そんなドラマの欠片もないのだ。

 だからといって、格別淋しいこともない。
 屋根を叩いては弾け散る雨の音の御蔭で寂しさが紛れている?

 そんな自分でも、今とは違った理由で雨が好きだったこともある。
 きっと、そう、雨は全てを洗い流してくれるような、そんな幻想を与えてくれていたから…。

Sscn5377

 いや、それも過去のこと。
 今の俺は、ただ、雨の音に聴き入っているだけなのだ。それ以外に何もないこと、そう、むしろ、その侘しさが激しい雨のゆえに一層、募るから、だから雨が好きなのだ。
 俺は、気の遠くなる程の遠い果てを見遣るばかり。

 遠い昔、何処か風流な気持ちで雨の庭に「侘と寂」ってな思い入れをしていた。することができていた。
 でも、今は、ただ、それらはただの言葉であることを理解するだけ。

 肉体は、想像以上の速さで朽ち始めている。肺の中に黴がウヨウヨと蔓延っている。体の表面の方々にも、白い黴が拡がり、まるで斑模様の人工皮革の衣装を纏ったようだ。
 美白を気取っているみたいだ。

Sscn5380

 いつでも外から開けることのできるスライドドアの取っ手も、ベッドの留め金も微かに錆び付いている。

 耐え難い体の節々の痛み。そんなものさえ、麻酔に蕩かされてしまっている。脳味噌だって呆けて…。

 自分で我が身をどうすることもできない、もどかしい心の苦しみ。そんなのは嘘っぱちだと分かった。みんな韜晦の海に溺れていく。
 神や仏だって、ただの気休めだ。

Sscn5378

 俺は苦しい! 痛い! きっと、悲しい! ナースコールのボタンにさえ、手が届かないぞ!
 俺の現実は、「黴と錆」なのだ。


                (原作「黴と錆」(02/06/30)より)

|

« 莫言…言う莫(なか)れ…もう、云えん | トップページ | 古ぼけた障子紙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/58128162

この記事へのトラックバック一覧です: 侘びでも寂びでもなく:

« 莫言…言う莫(なか)れ…もう、云えん | トップページ | 古ぼけた障子紙 »