« 電子の雲にまみれて | トップページ | 久しぶりに書店へ(後編) »

2013/09/11

久しぶりに書店へ(前編)

 この数日、爽やかという言葉を思わず使いたくなるような陽気が続いている。
 秋の空というような、高い感じの薄い雲たち。

Rscn5393

← 鉄道むすめのラッピング電車(富山ライトレール社のポートラム)。岩瀬ゆうこ、井川ちしろ、大月みーな、磯野みゆきなどのキャラクターが。「キャラクター紹介鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~」参照。

 湿気が感じられなくて、昼真っ盛りの時間帯に動いても、汗が滲み出ることもない。
 そんな天気も、今夜辺りが峠のようである。
 
 その爽快な空の下、時間が出来たので、久しぶりに書店へ行こうと思い立った。

 というより、今朝未明、寝入る前から今日は書店へ行くんだと、心の中で決められているようで、他に何があっても本屋へと、気持ちは向かっていた。

 遅めの朝食…それとも、早すぎる昼食を摂り、畑や庭の用事は眼中から消し去り、いざ書店へと外出の準備を始めようとした、その時だった、ああ、行きつけの書店は、というか、書店の入っているデパートはもしかして今日は定休日ではなかったかと、不安になった。
 調べてみると、まさしくそうである。

 年に数回ほど行く書店は、紀伊國屋書店である。大和デパートの中にある。
 少なくとも富山市の書店の中では、店頭の本の種類は一番多い。
 他にも大型書店はあるのだが、岩波など堅めの本も含め、店頭の在庫は富山市の中では充実している。
 
 ああ、思い立ったが吉日というが、そんな日に限って、肝心の店が休みなのである。
 しかし、手元にある未読の本は、もう、限られている。

 今読んでいる本であるフォークナーの『八月の光』は、学生時代に入手し読んだ本(余談だが、この大作を正味わずか二日で読み切ったとは、若さとは凄いものだと思う。今は、時間の制約もあるが、体力や気力の萎えもひどくて、一か月は要すると思う)。

 車中でも、『八月の光』を読もうとするのだが、老眼鏡を掛けていても、読むのがきつい。
 一方、車中で読む本を物色したい、それに莫言の『赤い高粱』の続編を入手したい、そんな思いは強烈で、余儀なく、スーパーへ行く途上にある町の書店に立ち寄ることにした。

 岩波文庫も岩波新書も始めから置いてない書店。
 文学や思想や科学や古代史や考古学や美術書や、つまりは小生の興味を惹くような本は、どの分野にしろ、一つの書棚さえ埋めていないほどの本屋。

 でも、まあ、車中の友となるような本なら、見出せるだろう…。

 結果、書店で物色し入手した本は以下の通り:
(「久しぶりに書店へ(後編)」へ!)

|

« 電子の雲にまみれて | トップページ | 久しぶりに書店へ(後編) »

富山散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/58172744

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに書店へ(前編):

« 電子の雲にまみれて | トップページ | 久しぶりに書店へ(後編) »