« 風雨の中でも気になるのは | トップページ | 国益を口にする資格 »

2013/04/25

我が家の謎の木

 今日は至って穏やかな日和の一日だった。
 外出日和でもあるが、生憎と畑や庭仕事に没頭の一日となった。
 昔は農家だっただけに、田圃はさすがになくなっているが、名残りで畑や庭がそこそこにある。

Sscn3500

→ 我が家では唯一の「モミ」の木。陽気に誘われるように、一気に新緑に覆われた。

 小生はほとんど庭などの管理人として住んでいるようなもの。
 畑や庭仕事が好きな人なら、随分と活かせるのだろうが、年毎に庭も畑もくすんでいくようで、ご先祖様に申し訳ない。

 家事として、今日やった雑事の幾許かを列挙すると:

 庭の通り道の一部に砂利を撒いた。
 ゴーヤの育成のために昨年、使っていた手製の支柱とネットの組み合わせを、蔵の側面に設置した。
 ボイラーに直接、雨が降りかからないように被せてあるネットの調整。
 トイレの窓に即席のネット(網)を被せた(窓を開放できるように)。
 植えたばかりの三重カナメの防護柵の手直し。
 畑に植えた野菜の苗の支柱に添え木(杭)を設置。
 軽く洗車。そして買い物。

Sscn3499

← モミの木と分かった以上は、これからは大切に、拝むように眺め愛でないと。

 家事といえば、大事なのが洗濯と掃除だが、掃除は基本的に追い詰められないとしない。
 廊下や茶の間などの床に綿埃が目立つようになったら、あるいは客人(月命日などの際の住職)があるとなったら、已む無く掃除する。
 洗濯は、随時。多いときは日に二回。
 買い物は切羽詰ればする(大概、切羽詰っているが)。調理をしなくて済むような、出来合いの総菜を買うことが多い。

 さて、我が家の庭には、謎の植物や樹木が少なからずある。
 謎といっても、小生が動植物に疎いから分からないだけで、不明の存在があると言い換えるべきかもしれない。
 そのうちの一つは、恐らくは「樅の木」だろうと、判明した(まだ、断言する勇気はない。誰か、確証してほしい)。
 何かのテレビ番組を見ていて、「樅の木」が場面に映し出され、あれ? あれだったら、我が家の不明な木じゃないの? と相成ったわけである。

Sscn3531

→ 庭というか畑(ドクダミの野)の端っこに育っているこの木は何の木か分からない。

モミ - Wikipedia」によると、「日本に自生するモミ属では最も葉が大きくて硬い。若枝には軟毛が生える。葉は細くて固い針状で、先端は二叉して鋭く尖るが、老木では先の丸まった葉をつける」とのことだが、こういった特徴は、合っている。
「樹高は40mにも達するものもある」というが、我が家の樅の木は、平屋の家の屋根の高さくらい。
 冬は、葉っぱが落ち着くし、裸木となり、死んじゃったのかと心配になるほどだったが、春になると芽吹いてきて、今は尖がった葉っぱが青々と茂り出している。

モミ〔樅〕/森林林業学習館」によると、モミの名の由来は、もみ合うところからとか揉むを語源とするとか、萌黄が美しいからとか、神聖な木で、信仰の対象となっていることから「臣木(おみのき)」とするなど、いくつかの説があるとか。

Sscn3529

← 冬の間は、裸木だったけれど、春になって、葉っぱらしきものが、ポツンポツンと芽吹いてきた。葉っぱが、裸の枝に何羽もの小鳥のように……

 欧米などでは、モミの木というと、クリスマスツリーの木として知られている。
季節の花 300 樅」によると、「諏訪大社での6年ごとの「御柱祭」で御柱として立てるのはこの樅の木」だとか。
 やはり、信仰の対象の木だからこそ、選ばれてきたのだろうか。
 けれど、何故、信仰の対象となったのか、分からない。

|

« 風雨の中でも気になるのは | トップページ | 国益を口にする資格 »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/57245518

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の謎の木:

« 風雨の中でも気になるのは | トップページ | 国益を口にする資格 »