« 木造建築の新たな可能性 | トップページ | 寒空にタンポポの綿毛 »

2013/04/20

天皇皇后両陛下の式典出席に異論あり

 今日は寒い。真冬並み。
 しかも、ますます寒くなりそうなニュースがある。

昭和27年にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が独立を回復した4月28日を「主権回復の日」と位置づけ、政府が同日に都内で式典を開く方向で検討を進めている」( 「4・28を「主権回復の日」に 政府主催式典を開催へ」( MSN産経ニュース)より)。
 さすがに産経は、昭和27年としているが、つまりは1952年4月28日である。
 正式名称は、「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」だとか。

 開催は、一部に反発の声があるものの、既に決定されているようだ。
 しかも、天皇皇后を招いて!
 

 大方の方には、現政権が唐突に打ち出したように受け止められたが、一部の保守やタカ派勢力にとっては、独立記念日(?)の制定(祝日に、という考え)は、前々からの願望(悲願?)だったようだ。

政策集への明記を主導した野田毅税制調査会長は「なぜ戦争に立ち至り、どうして敗れたのか。占領期にどういう政治が行われたのか。日本人自身が総括することが重要だ」と式典の意義を強調する」(「「主権回復」やまぬ反発=28日に政府式典」(時事ドットコム)より)というと、いかにも尤もらしくも聞こえるが。

 一部の反発の声とは、やはり沖縄からの声である:
沖縄「屈辱の日」と反発 4.28に政府記念式典検討」( 毎日jp(毎日新聞)

「主権回復」やまぬ反発=28日に政府式典」(時事ドットコム)によると、「沖縄ではかねて、本土と切り離された形になった4月28日は「屈辱の日」と呼ばれている。沖縄県議会は3月29日、「沖縄が切り捨てられた『屈辱の日』の式典は2度目の沖縄切り捨てだ」と反発する決議を全会一致で可決した。こうした情勢を踏まえ、仲井真弘多沖縄県知事は式典出席を見送り、副知事を代理出席させることにした」という。
 
「講和条約発効後も米施政下に置かれたのは、奄美諸島と小笠原諸島も同じ。ただ、沖縄の復帰(72年)は奄美(53年)、小笠原(68年)よりも遅れ、沖縄では復帰後も米軍施設が集中。米軍が関係した事件・事故も絶えず、沖縄県民には式典開催を感情的に受け入れられない面もある」(同上より)ことは銘記しておいていいだろう。
 切り捨てられた側からすると、当然の主張だ。

 但し、反発するのは沖縄だけ、というのも認識不足だろう。

 日本には独立記念日はない。一部には建国記念日があるのに、何を今さらだ。日本は古来より独立してきたのだという主張はともかくとして、大方の日本人には独立記念日がいつに当たるのかなど、脳裏のどこを探っても見当たらないのではなかろうか。
 明治維新も上からの政権交代だったし、戦後も日本とアメリカなどとの交渉の結果の<独立>であり、日本国民が武器を持って独立を獲得したなんてことはなかった。

 特に問題なのは、「天皇皇后両陛下の式典出席にも異論が出ており、野党の一部は「天皇陛下をお招きすることは、陛下の政治利用の側面がある」(浅尾慶一郎みんなの党政調会長)と指摘する」(同上より)ようにまさに天皇(皇室)の政治利用の色彩が濃厚だという点だ。
 少なくとも日本国民の大方が異論のないような状況がないと、憲法改正の動きと相俟って、保守やタカ派勢力による極めて不穏な動きの一環に映ってしまう。
 政府が式典開催を強行したいのならするがいいが、天皇陛下を式典にお招きすることは論外だと小生は考える。
 将来に禍根を残すのは明らかではなかろうか。

 安倍晋三政権は、支持率が高いようだが、それをいいことに、慢心しているのではないか。

|

« 木造建築の新たな可能性 | トップページ | 寒空にタンポポの綿毛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

共産党が反発しているって、今日の朝刊に。
天皇、このやっかいな存在、週刊誌もネタがないと、天皇だの雅子様だの。
まあ政治利用はいけないですよね。
ところで、読売ファミリーサークルというとこで、何故か富山県在住の方ならどなたでも応募できますと言うプレゼントがあります、何故に富山県?

投稿: oki | 2013/04/23 22:24

oki さん

安部政権、支持率の高さに傲慢になりつつあるね。
沖縄の反発は、日本人の反発だとは思っていないようだ。
強行突破も可能だと。
憲法改正も相俟って、国体護持の野心が露わですね。
麻生とか、自民党の大臣とか国会議員連中が大挙して靖国神社参拝。
みんなで渡れば怖くないってか。


皇后が体調不良で今日は休まれたとか。
あるいは、「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」に参加を拒否するための伏線なのかなって。


読売ファミリーサークルというとこで、何故か富山県在住の方ならどなたでも応募できますと言うプレゼントは、以下ですね:
富山県限定!母の日ありがとうキャンペーン yfc 読売ファミリーサークル
http://yfc.yomiuri-johkai.co.jp/campaign

小生は読売は取っていないので事情が分かりません。
あるいは月替わりで県ごとのサービスをやっているのか、まさか富山だけ贔屓するってこともないでしょうし。

ただ、正力 松太郎も小林與三次も富山の出身ですね。

投稿: やいっち | 2013/04/24 20:50

式典で、天皇陛下万歳となりましたね、困ったことだ。
昭和天皇は、実は沖縄はアメリカ統治が続くことを望んでいたと言う。
多くの若者が、天皇陛下万歳と言って、あの戦争で、死んでいった。
だから、サイパン島には、バンザイクリフがある。
昭和天皇、戦争責任は、文学的表現は知らないと言って認めなかった。
普通に考えれば戦争責任は、ありますよね。
天皇陛下万歳、の虚しさ。

投稿: oki | 2013/05/03 04:56

okiさん

「式典で、天皇陛下万歳」 政治利用が出来て、万歳なんでしょうね。
今度は、靖国参拝を強要するんでしょうね。
陛下は逆らうわけにいかない。
ひどいことです。

「昭和天皇は、実は沖縄はアメリカ統治が続くことを望んでいた」
これは、たとえば、「東京新聞週のはじめに考える 日本の真の独立を思う社説・コラム(TOKYO Web)」に詳しい(もう、有名な話ですが):
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013042802000135.html

一部、転記しておきます:

 沖縄メッセージは四七年九月、天皇御用掛の寺崎英成氏が連合国マッカーサー総司令部に伝えた極秘メッセージ。天皇が米軍の沖縄占領継続を希望し、占領は長期租借(二十五年ないし五十年、あるいはそれ以上)で-などの内容。七九年の文書発掘は沖縄に衝撃を与え、その後、入江侍従長の日記で内容がほぼ事実と確認されたことで、沖縄の人々は大きく傷ついたといわれます。

 豊下前教授はダレス米国務省顧問を相手にした講和条約、安保条約交渉でも、吉田首相と昭和天皇の二重外交があったことを論証しています。当時の天皇にとっての脅威は朝鮮半島にまで迫った共産主義でした。共産主義から天皇制を守ることは日本を守ることでもあったのでしょう。戦争放棄の憲法と非武装となった日本で天皇が頼ったのは米軍、それが沖縄占領継続の希望や基地提供でした。

 そこにはパワーポリティクスや外交的駆け引きの余地はなく、ダレスに対日交渉での当初からの目論見(もくろみ)「望むだけの軍隊を、望む場所に、望む期間だけ駐留させる権利の確保」を勝ち取らせることになってしまいました。およそ独立にふさわしくないこの条約は、今も日米地位協定の不平等のなかに潜まされ、変えられていません。

 講和条約三条で沖縄は本土から分離され米国の施政権下に移されました。講和条約や安保条約の成立過程の検証は、本土の独立が沖縄の一方的犠牲の上に築かれていることを教えます。

(以上、転記終わり)

天皇陛下万歳なんてやる奴らの、声のヒステリックなこと。
憲法改正を急ぐ連中の(過去を顧みない)愚かしさを感じます。

投稿: やいっち | 2013/05/04 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/57211739

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下の式典出席に異論あり:

« 木造建築の新たな可能性 | トップページ | 寒空にタンポポの綿毛 »