« お化けが出た! | トップページ | オオマサガスは驚異のガスか »

2013/04/17

お化け体験(?)の後日談

 思いがけない仕事とはいえ、たまに普段とは比べ物にならないほどの残業をすると、やはり体調が狂ってしまう。
 月曜日の夜半からの超ロングの仕事。
 火曜日は、午前11時前くらいに帰社し、諸手続きや洗車を済ませて帰宅したら、もう昼過ぎだった。

Sscn3399

← 照手桃。先日植えたバラの苗とのツーショット。

 さすがにベッドに直行…と思ったが、それも面倒で、茶の間のリクライニングに体を埋め、そのまま仮眠。
 ほんの数時間の仮眠後、既に日暮れに近づいていたが、鉄は熱いうちに打て、じゃないが、ぼんやりした意識と体のまま、机に向かい、ブログ日記を作成

 題名を「お化けが出た!」というやや誤解を生みかねないものについ決めてしまった。

 会社で事務員や同僚に聞いても、久しく京都のようなロングのお客さんという事例は、まるでないという。
 そうだよねー!

Sscn3391

→ 植えたはいいが、何の苗だったか忘れた。キャベツ? ピーマン? 名札が必要だった!

 それから、ようやくシャワータイム。
 仕事に行く前日の夕方にシャワーを浴びるので、まる二日ぶりのシャワーとなる。
 髪も体も喜ぶ。生き返るようでもある。
(できれば、入浴したいが……ボイラーの交換の時以来、もう五か月以上、入浴していない!)

 それから、冷凍のピザとコーヒー牛乳とで夕食。
 何かを作るとか、買い物をする元気が湧かないの、冷蔵庫にあったもので済ませたのだ。
 夜はテレビを点けっ放しにして、観るともなく、ダラダラと過ごした。
 本を読む気力が湧いてこないのだ。

 リクライニングチェアーに沈んだ体を起こす元気も湧かない。
 ロートルには、生活のリズムの変調の影響は長引くのだ。
 京都への往復のドライブなど、大したことはないはずだが、そろそろ営業を終えようという頃合いからなけなしの気力を振り絞っての営業だっただけに、予想されたこととはいえ、体には堪えているのだ。

Sscn3392

← これも、何の苗か分からない。ピーマンかキャベツだと思うけど…

 水曜日は、中日(なかび)で、出勤の日ではないが、本人が希望すれば出勤も可能。
 売り上げの悪い小生は、普通なら断固出勤のはずだが、思わぬ営業(に伴う売り上げ)が入ったので、カレンダー通り、休むことにした。
 休むといっても、自宅での仕事に精を出したのである。
 それは庭仕事に畑仕事である。
 ロングドライブをした月曜から火曜にかけては上天気だったが、今日水曜日は下り坂。
 午後にも雨かもと予報が出ている。但し気温は高め。
 なので、早めにホームセンターへ行き、庭に植える木々(の苗)と畑に植える野菜の苗各種を買い込んできた。
 さらに庭に撒く砂利も数十キロ分なども。

 買ってきた木の苗木は、桃色の花が可憐な照手桃一本と三重カナメ7株。
 照手桃は、ホームセンターで苗木を見て回っているうちに一目惚れして衝動買い

Sscn3393

→ これはさすがに分かる。名札が付いてたから、そばに刺しておいた。イチゴ!

 三重カナメは、前回、ホームセンターに来た時から内心、買うことに決めていたもの。
 前回は他の苗木などが一杯で、車内にはもう詰め込む余裕がなかったので断念していたのだ。

 野菜の苗はキュウリ、ナス、トマト、ピーマン、キャベツ、イチゴなどの苗と、アスパラガスの株(根っこ)。
 アスパラガスは大好きなので、できれば育てて収穫し食べたいと夢見たのだ。実際に収穫できるものやら(その前に芽が出るかどうかすら)怪しいが、まあ、できたらラッキーということで。
 イチゴも愛嬌というか、お遊びで。
 トマトは昨年の成功に味をしめて、今年も、というわけだったのだが、苗を植えてから、買ってきたのがミニトマトだと気づいた。
 会場に居た可愛い女性に見惚れて、集中力・注意力が散漫だったようだ。

Sscn3395

← これは、ナスかキュウリ。

 午後すぐから植え込みの作業を始めたのだが、案の定、曇天となり雨がいつ降り出してもおかしくない天気に。
 風も出てきて、植えた苗の弱弱しい茎や葉っぱが千切れるように揺すぶられて、可哀そうなくらい。
 元気に育つだろうか。
 植えたはいいが、困ったことが。
 それは、苗を各種植えたのはいいが、さて、畑に植えた苗を見ても、どれがどれか分からなくなってしまった!
 分かる人は、葉っぱの形状などで分かるのだろうが、吾輩には無理。
 何か看板を付しておくべきだったか。

 ま、育ってきたら、いずれ分かるだろう…と期待する。

Sscn3396

→ これは、キュウリかナス。…多分、ナス!

 三重カナメ以外は、全て畑や庭に植えた。
 三重カナメは、風に負けそうなので、植えこみ作業は順延したのである。
 
 ということで、水曜日は庭や畑仕事で三時間作業した。
 今、体の節々が痛い。
 まだ、体調が戻っていない上に、肉体労働。
 まあ、逆効果を期待して…ってのは、虫が良すぎるか。
 とにかく、やるだけのことはやった。

Sscn3397

← これは、トマト! のつもりが、ミニトマトだった。間違えて買ってきた。ま、いっか。

 小島信夫の『私の作家遍歴 Ⅰ 黄金の女達』を本日、先ほど、読了(読み終えて云えるのは、副題の「黄金の女達」は、あまり本文を象徴しないということ)。
 小泉八雲なる作家の世界を探るため、八雲の時代やその前の世代の作家らをどこまでも渉猟していく。
 八雲を理解するには、どこまでも幅広く、ということで、うねるようにくねるように行きつ戻りつする。
 段々、小島信夫の思考法に慣れてきたようで、段々、読むスピードも上がり、営業や私事の忙しさの合間を縫ってにしては、一週間足らずという速さで読了できた。
 今日からは、『私の作家遍歴 Ⅱ 最後の講義』に取り掛かる。

|

« お化けが出た! | トップページ | オオマサガスは驚異のガスか »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

小泉八雲は新宿に住んでいたんですよね。
それはともかく、うちの精神科医も言ってますが、お風呂に入る、湯槽につかることは、メンタル面でもとても重要、気分もはっきり変わります。
弥一さんが、節約のため、風呂を沸かさないのは分かるんですが、健康のことを考えるとやはりお風呂入った方がと。

投稿: oki | 2013/04/22 01:10

okiさん

夏目漱石の文献は、東北大学の図書館に多数。八雲の文献は、富山大学に多数。どちらも好きな作家で、どちらも小生ゆかりの場所。
縁が深いはずなのに、絆は薄い!

お風呂。入浴。いいなー。今の小生には贅沢の極みのような。
湯船は夢の船ですね。
これから暖かくなったら、銭湯へ行けたらいいな。

投稿: やいっち | 2013/04/22 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/57192601

この記事へのトラックバック一覧です: お化け体験(?)の後日談:

« お化けが出た! | トップページ | オオマサガスは驚異のガスか »