« ツルゲーネフからゴンチャロフへ | トップページ | 春の憂鬱なるオブローモフ主義 »

2013/03/09

「画鬼・河鍋暁斎に驚倒!」へ

 昨日の日記にも書いたが、一昨日より、車中にて狩野博幸/河鍋楠美著の『反骨の画家 河鍋暁斎』(新潮社)をめくり始めた。
 ほー、というため息ばかり。

04kyosai10112_r

← 河鍋暁斎「閻魔大王浄玻璃鏡図」 真実の姿を映し出すはずの鏡に、美しいままの姿が映って、びっくり仰天する閻魔大王らの面々! 暁斎ワールドパワー炸裂! (画像は、「河鍋暁斎 本画Ⅰ Kyosai01」より)  「画鬼・河鍋暁斎に驚倒!」参照。

 凄い絵師がいたものだ。
 北斎だけじゃないのだ。


 感想など、どうこう言うつもりはない。
 とにかく、見て感服するばかり:「画鬼・河鍋暁斎に驚倒!

|

« ツルゲーネフからゴンチャロフへ | トップページ | 春の憂鬱なるオブローモフ主義 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56914850

この記事へのトラックバック一覧です: 「画鬼・河鍋暁斎に驚倒!」へ:

« ツルゲーネフからゴンチャロフへ | トップページ | 春の憂鬱なるオブローモフ主義 »