« 寒さにめげず『流離譚』へ | トップページ | 「越中を自慢する会」だって! »

2013/03/26

デューラー『メランコリア1』の魔方陣

 今日も昨日に続き、やたらと寒い。
 どうも、日の巡りが悪く、在宅の日は寒く(暖房が要る)、仕事の日は暖か(車中なので、日光だけで十分、車内は暖まる)。
 温暖の変化が吾輩とは波長が合わない。

Durer_2_2

← アルブレヒト・デューラーの銅版画『メランコリア1』 「砂時計隣に4×4の次の図のユピテル魔方陣が描かれている」。いかにも芸術家のみならず数学者でもあるヂューラーの本領発揮である。 (画像や転記文は、「魔方陣 - Wikipedia」より)

 つい先日読了したマーカス・デュ・ソートイ著の『数字の国のミステリー』(冨永星/訳 新潮社)の中で、久しぶりに魔方陣の話題に接した。
 本書の中でも触れられているが、魔方陣の中でも アルブレヒト・デューラーの銅版画『メランコリア1』に載せらている魔方陣は有名だろう。

 念のため、説明を付しておくと、「魔方陣(まほうじん)とは、正方形の方陣に数字を配置し、縦・横・斜めのいずれの列についても、その列の数字の合計が同じになるもののことであ」り、「特に1から方陣のマスの総数までの数字を1つずつ過不足なく使ったもの」のこと(説明は、「魔方陣 - Wikipedia」より)。

9682964090w1

→ アルブレヒト・デューラーの銅版画『メランコリア1』に描かれている魔方陣(画像は、「Good News Collection 「メランコリアの魔法陣」デューラーの不思議」より) 「この魔方陣の中には、偉業を達成した制作年の1514が埋め込まれている」。

 アルブレヒト・デューラーの『メランコリア1』は、1514年に製作した銅版画で、「四体液説における人間の4つの性格の一つ「憂鬱」をテーマにしたもので、天使が憂鬱に沈んでいる」。

434px1

← アルブレヒト・デューラー Albrecht Dürer 彼(1471年5月21日 - 1528年4月6日)は、「ドイツのルネサンス期の画家、版画家、数学者」。 (画像は、「アルブレヒト・デューラー - Wikipedia」より)

1513年から1514年にかけて、銅版画の傑作である『騎士と死と悪魔』、『メランコリアI(メレンコリアI)』、『書斎の聖ヒエロニムス』などの作品を発表した」。

Sscn2955

→ 一昨日、富山城のお堀脇を通りかかる。青空に目を奪われたわけではないが、肝心の天守閣を撮り損ねた!

デューラー関連拙稿:
デューラー『メランコリア I』の「I」再び
デューラー『メランコリア I』の周辺
デューラーの憂鬱なる祝祭空間
ブレスダン…版画と素描と

|

« 寒さにめげず『流離譚』へ | トップページ | 「越中を自慢する会」だって! »

美術エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/57032819

この記事へのトラックバック一覧です: デューラー『メランコリア1』の魔方陣:

« 寒さにめげず『流離譚』へ | トップページ | 「越中を自慢する会」だって! »