« 洞窟壁画は白鳥の歌なのか | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(7) »

2013/01/16

庭の雪山を崩したぞ

 今日は曇天が当たり前の富山には珍しく、穏やかな晴れの一日。
 日中は、5℃から7℃の予報。
 なので、久々に洗濯物を外に干した。

Sscn2408

← 11日の立山連峰。今日の立山はもっと凄い景観を呈している。

 外に干す…実に爽快である。
 毛布と併せて使っているタオルケットも選択。
 衣類も、水色のタオルケットも、物干し竿で気持ちよさそうに、揺れている。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 日中はそこそこに気温が上がるという予報なので、朝方、洗濯を終えてから、屋根からの雪の山を崩しておいた。
 陽光で一気に融かし去る目論見。
 我が家の庭は、南東の蔵、南面する母屋、そして北西に位置する納屋、そして庭木などのために、日当たりが実に悪い。
 陽光が当たるエリアが少なく、道路はもちろん、田畑の根雪が融け去った今になっても、雪山は頑固に残っているのだ。

Sscn2414

→ 蔵からの落雪は、山を為し、表の車道から玄関への道を呆気なく埋もれさせてしまう。一昨日、そして今日の除雪(雪山崩し)で、とりあえず土の面が見えた。これからの降雪への備えができたわけである。

 洗濯物は、ほどほどに乾いたが、崩してそれなりに日当たりのよさそうな地面に散らした根雪は、あまり融けてくれなかった。
 しかし、今日、軒下の雪山をほぼ解消したことで、次の降雪に備える態勢はできた、そのことだけでも肩の荷が下りたようで、ホッとする。

3102420

← 島崎藤村著『 夜明け前 〈第2部 下〉 (改版)』(岩波文庫)

 洗濯や除雪、買い物、真夜中(丑三つ時)のモップを使っての掃除などの合間に、ちびりちびりと読書。
 島崎藤村著の『夜明け前 〈第2部 上〉 (改版)』をようやく読了し、今日から第四分冊である『 夜明け前 〈第2部 下〉 (改版)』へと読み進む。
 いよいよ主人公の青山半蔵(ら)の悲劇の開幕でもある。
 その意味で、最後のこの分冊は、読むのが怖いようでもあるのだ。

『夜明け前』は、木曽の峠道を越えるように、ゆっくりじっくりと、読み続けている。
 通算すると三回目。
 これで恋愛が描きこまれてたら、トルストイの『戦争と平和』なみの一大巨編だったろう。
 畢生の大作であり、日本文学の金字塔なのは間違いない。
『夜明け前』は、トルストイ、ドストエフスキー、プルースト、メルヴィル、ガルシア=マルケス、ジョージ・エリオットらの作品に伍すると改めてつくづく感じる。

|

« 洞窟壁画は白鳥の歌なのか | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(7) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56554694

この記事へのトラックバック一覧です: 庭の雪山を崩したぞ:

« 洞窟壁画は白鳥の歌なのか | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(7) »