« 灯油配送と『月の沙漠』と | トップページ | 洞窟壁画は白鳥の歌なのか »

2013/01/14

雨の日には創作など

 今日は、富山は幸いに雨である。
 未明にトイレで起きたのだが、窓を開けなくとも、雨音で雪じゃないことが分かる。

 トイレの窓を開けて、外を眺めてみたら、ざーという雨。

4005007244

→ 小原 嘉明【著】『進化を飛躍させる新しい主役―モンシロチョウの世界から』(岩波ジュニア新書) 車中の友にと、昨日から持込み、読み始めた。一つ、謎を解明するごとに、別の疑問難題が浮上してくる。研究はその繰り返しのようだ。

 これが雪だったらと思うと、ぞーとする。
 きっと降雪は今日の夕方までに三十センチほどになっていたかも。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

 夜には雪になる、という予報である。
 そんな雨の富山の片隅で、せっかくなので、雨の余勢を駆って、久々に創作してみた。
 雨だと、外仕事もできないし、読書だけってのも、勿体ないので……


雪掻きの音」という題名の、なーんてことのない掌編です。

|

« 灯油配送と『月の沙漠』と | トップページ | 洞窟壁画は白鳥の歌なのか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昨日は東京でも10cm近く積もりましてね。
雪かきをしない人がいるんですよね。老人夫婦なのかな。
で、今日凍結、自転車乗ってましたが、滑りそうで滑りそうで。
死人も出たといいますね。
富山から見れば10cmでなんだということになるんでしょうが、東京は雪が積もることを想定した都市じゃないから、皆慌てる。
爆弾低気圧だそうですね、なんか異常気象だな〜

投稿: oki | 2013/01/15 23:58

okiさん

東京の様子、富山でも詳しいくらいに報道されていました。
東京のテレビ局は、東京のニュースは、全国のニュースだと勘違いしているところもあるし。

東京在住時代の大騒ぎを思い出しました。


住宅街などの除雪は、富山でも、今は昔ほど、されていませんね。若手が少ないか乏しい現実の一端なのでしょうね。

東京の寒波、今冬のピークはいつなのでしょう。
今回で終わりならいいですね。

投稿: やいっち | 2013/01/16 21:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56538939

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日には創作など:

« 灯油配送と『月の沙漠』と | トップページ | 洞窟壁画は白鳥の歌なのか »