« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »

2012/12/29

立山連峰と富山トラフ

 腰の症状は悪化もしないが、快方にも向かっていない。
 腰に爆弾を抱えている感が常にあって、天気同様、氷雨の降っているような心境である。
 それでも、読書している間だけは別天地にある。

Sscn2351

→ 立山連峰は、遠望するかぎりは、雄々しく美しいのだが…

 水曜日未明に、ジョン・D. バロー著の『天空のパイ』(林大 訳 みすず書房)を読了。
 本書を読んでも感じたのだが、数学者はある種の宗教の教祖のようなものだ。
 彼らほんの一握りの者たちだけが洞察し理解できる世界がある。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

続きを読む "立山連峰と富山トラフ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/28

とんだクリスマスプレゼントでした

 寒い!
 今さら愚痴っても仕方ないが、寒い。
 体が寒さで縮こまってる。
 そのせいだろうか、とうとうやってしまった。
 腰を!

Sscn2337

→ 庭を見て回ったら、車道沿いの花壇に一昨年、植えた寒菊に異変が。

 灯油缶に給油する際、つい不精して変な格好でいたからだろう、腰にギクッと来た。
 電気が走るような一瞬の燃えるような痛み。
 ぎっくり腰… あーあ、吾輩もとうとう腰痛持ちか…。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村

続きを読む "とんだクリスマスプレゼントでした"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/27

島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(4)

 今日もなんだか慌ただしく過ぎた。
 午前中は、ある葬祭会社との契約を解除手続き。
 食事を終えたら、除雪作業。
 いつものように、スコップでと思ったが、横着な性分が出たこともあるが、ふと思いついたことがあって、竹箒を持ち出して、除雪作業してみた。
 これが大正解。

4003102436

← 島崎藤村著『夜明け前 第一部〔下〕』(岩波文庫) ほとんど読み進んでいない。これからラストスパート!

 竹箒で右に左にと掃いていくと、雪が面白いように飛んでいく。
 どうやら、積雪が二十センチほどの深雪なら、竹箒がスコップより能率的だし、作業も迅速に終えられることが分かった。

 午後は、車検が終わったということで、車を取りに行く。
 ついで、灯油80リットル購入。その足で買い物へ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/26

3 + 3 = 6?

 花子が3足す3は幾つ?と太郎に聞いた。
 二人は被災地のボランティアセンターにいる。

 花子のは、質問と云うより、何か思惑のありそうな聞き方。
 太郎はそんな花子の表情など頓着しない。

 6に決まってるだろう。何だよ、いきなり。
 例えばさ、ミカンが三つにリンゴが三つあったら?
 同じだよ。6だよ6。 3 + 3 は、6 って決まってるの。今さら何だよ。

続きを読む "3 + 3 = 6?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/25

忙中忙あり

 今日は休みの日。
 前日の営業は、暇だったこともあり、夕方、早退。
 なので、通常の休みの日とは違って、朝から動けた。

4334035752

← 長沼 毅 藤崎 慎吾【著】『辺境生物探訪記―生命の本質を求めて』(光文社新書)

 今日のメインの雑事は、まずは車検。
 10年の1月、雪の中での新聞配達のため、スーパーカブでは怖いので、なけなしのお金をはたいて車を買った。
 買ったのは、知人の勧めもあり、パッソ。
 深い雪の中、パッソで岩瀬近辺の街を駆け回ったものだ。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "忙中忙あり"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/24

日本の長期経済的(及び政治的)凋落の行方

 日本の経済の長きにわたる低迷。
 98年ごろだったか、失われた10年と云われたことがあったが、まだ続きそうで、この分では失われた20年となりそうな予感が漂う。

332843

← 吉本隆明著 『第二の敗戦期 これからの日本をどうよむか』(春秋社) 「日・中・米の政治的関係性から、言葉とコミュニケーションの問題、戦後の葛藤から「第二の敗戦期」と呼べる現代について」だって。「第二の敗戦」は、故・江藤淳の専売特許だと思っていたが、吉本隆明の専売特許だったのだろうか。迂闊。

 昨年だったか、「「日本衰退の原因はプラザ合意」とみる中国の歴史観」(2011/1/2 9:24 情報元 日本経済新聞 電子版)が喧伝されたそうな。

続きを読む "日本の長期経済的(及び政治的)凋落の行方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/23

放火殺人事件解決に思う

 年末になって、驚きのニュースが飛び込んできた。
「2010年4月に富山市大泉のビルで住人の会社役員、福田三郎さん(当時79)夫妻が殺害され、住居が放火された事件で、富山県警は22日、夫妻の知り合いで同県警警部補の加野猛被告(54)=富山市森1=を殺人と現住建造物等放火、死体損壊容疑で逮捕した。事件は発生から2年8カ月、現職警察官が逮捕される異例の事態となった」というのである(「警部補を殺人・放火容疑などで逮捕 富山の夫婦殺害  :日本経済新聞」より)

Sscn2320

 事件が発生して2年と8か月にして、一応の決着がついたわけである。
 よりによって警察関係者による犯行だったとは(尤も、「調べに「私がやったことに間違いありません。被害者と家族に本当に申し訳ない」と供述」しているようだが、あくまで現段階では容疑者なのだが)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

続きを読む "放火殺人事件解決に思う"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月16日 - 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月30日 - 2013年1月5日 »