« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »

2012/12/22

きてきて富山 きときと富山

 タクシー車内で、お客さんとの雑談のネタはいろいろある。
 多くは、無難なところで、天気、地震が起きたりの時事ネタも時折。
 富山駅への乗客も多い。

Main_image

↑ キャッチフレーズ「きてきて富山 きときと富山」のロゴデザイン (画像は、「北陸新幹線「富山県」もうすぐ開業!!」より)

 となると、出てくる話題は、工事中の富山駅の不便さ…じゃなく、再来年に開通する(北陸)新幹線のこと。
 新幹線の土台部分は、県内については全容が見えつつある。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

続きを読む "きてきて富山 きときと富山"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/21

年末…忙中閑あり

 早くも、ホントに早くも師走も下旬に突入した。
 別に年末年始に何をするわけでもないのだが、それでも慌ただしい。
 今日になって、年賀状の印刷を発注し、期限の迫っている車検の依頼をしたり、クリーニングやら買い物やら。

Sscn2325

 一昨日は、お歳暮の手配に、いつものスーパーじゃない大型の商業施設アピタへ。
 独り身の小生なので、近所付き合いも親戚づきあいも、欠礼の限りを尽くしている。
 一昨年の父母の葬儀などにお世話になった方々に、中元、歳暮は欠かせないし、年賀状も出さないといけないのだが、それらさえも、怠っている。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "年末…忙中閑あり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/20

屋根の雪下ろし…遠い昔のこと

 先月だったか、暖冬のはずが、積雪量の多い冬になりそうという予報へと一転してしまった。

 富山の雪は、湿気が多く、重い。

1963041

← 猛吹雪の中、夜を徹して除雪作業をする自衛隊員 1963年2月8日 富山・富山操車場で (画像は、「昭和毎日:三八豪雪 - 毎日jp(毎日新聞)」より)

 屋根などに積もれば、堆積の高さが一メートルどころか、数十センチでも、場合によっては雪下ろしを強いられる可能性が出てくる。
 昨年も一昨年も、台所の脇にある、作業小屋のトタン屋根に上り、そこから台所の庇に足をかけ、必死の思いで雪下ろしをした。

続きを読む "屋根の雪下ろし…遠い昔のこと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/19

雪が降ったので、北極の話題へと

 昨日、火曜日、またまた雪が降ってきた。
 未明来の雨が、昼過ぎになって霙(みぞれ)、霰(あられ)、そして雪へ。
 夕方ころまでは、雪もべたついた感じで、車で走行していても、シャーベット状なのが分かる。

Northpolec0015444_16112932

→ 「北極の氷」 (画像は、「北極の氷 株式会社テックヨシダ」より)

 急ハンドル急ブレーキなどを避ければ、無論、スピードの出し過ぎにも用心していれば、走っていても、それほど危険は感じない。
 市街地だと、融雪装置もあってか、路面は濡れているだけ。

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人間・いのちへ
にほんブログ村

続きを読む "雪が降ったので、北極の話題へと"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/18

富山は…ガラスの街 くすりの街 水の街 

 富山は、「水の王国」であり、「くすりの街」、「ガラスの街」であることを標榜している。
 富山は、立山連峰の賜物で、「富山の名水」に見られるように、「水の王国」なのである。

Viewer

 だから、魚も野菜も米もおいしい。
 富山が売薬などが全国的に有名なように、「くすりの街」であることも、夙に知られている。
 また、富山が「ガラスの街」をも標榜していることは、小生も知っていた。

 富山市の富山駅から富山城の周辺を散策すると、いたるところにガラス工芸作品が路上展示されている。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

続きを読む "富山は…ガラスの街 くすりの街 水の街 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/17

枯れ松葉拾い

 ここ数日、時折雨が降ったりするものの、降雪に悩む日ではなくなっている。
 折々、日が出たりして、お蔭様で、路上や屋根の雪はもちろん、街中を走っても、雪を見かけることはあまりなくなっている。

793px1

→ ジャン=フランソワ・ミレー作『落穂拾い』(1857年 キャンバスに油彩 83.5 cm × 110 cm (33 in × 44 in) オルセー美術館(パリ) (画像は、「落穂拾い - Wikipedia」より)

 が、我が家だけ(ってことはないと思いたいが)は、相変わらず根雪状態。
 庭のほとんどが日陰なので、屋根から落ちて積もった雪は、なかなか融けてくれない。
 スコップで堆積した雪の山を少しずつ取り崩して、日の当たる場所へ散らす。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "枯れ松葉拾い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/16

富山駅弁 源のますのすし 販売から100周年!

 富山へ帰郷して早、五年。
 なのに、好物の「ますのすし」を食べる機会に恵まれない。
 いや、似たようなものを買おうと思えば、スーパーにだって売っている。
 一度ならず、買って食べたこともある…コンビニで鱒寿司のおにぎりを買うのは、せめてもの思いがあるからである…が…

800pxmasuzushi1

← 「鱒寿司」 (画像は、「鱒寿司 - Wikipedia」より)

 機会に恵まれない、なんて婉曲な表現を取ってしまったが、要は貧乏で買えないのである。
 外食も、帰郷して五年で、吉野家さんへ一度か二度、父の付き添いでラーメン屋へ。
 父母のお見舞いに病院へ行った際に、病院の食堂へ、など、すべてを数え上げても、両手の指があれば足りる!

続きを読む "富山駅弁 源のますのすし 販売から100周年!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月9日 - 2012年12月15日 | トップページ | 2012年12月23日 - 2012年12月29日 »