« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月16日 - 2012年12月22日 »

2012/12/15

読書は格好の睡眠導入剤 ? !

 一昨日より、雪の降るような天気から解放されている。
 お蔭で富山市内などは、屋根や道路などの雪がドンドン融けてくれる。
 けれど、路肩などに除雪され積み上げられた雪などは、なかなか融けない。

4005007198

← 河島 弘美【著】『動物で読むアメリカ文学案内』(岩波ジュニア新書)

 我が家の庭も、母屋や蔵などの陰になり、根雪になりかねない。
 なので、まだ数日は、降雪とは無縁の天気で、放っておけば勝手に融けていくと分かってはいても、屋根からの落下雪の山などをスコップで掻き崩し、溶けやすい状態にしないとならない。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "読書は格好の睡眠導入剤 ? !"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/14

早瀬の水音をめぐる俳句

 雪に悩まされる日々が続く。
 昨日今日と、晴れ間も望めたけれど、生憎、我が家の庭は、日陰になっている場所がほとんど。母屋だったり蔵だったりの陰になっていて、晴れていても日に当たらなくて、なかなか溶けてくれない。
 なので、雪解けを日の光に任せるためにも、雪の山をスコップで取り崩して、日の当たるほうへと移動させる必要がある。

9784309205960

← J・M・G・ル・クレジオ 著『ル・クレジオ、映画を語る』 (中地 義和 訳 河出書房新社)

 細長い庭なので、数十メートルに渡っての除雪作業を強いられる。

 まあ、そんな愚痴はさておいて…

 J・M・G・ル・クレジオ 著の『ル・クレジオ、映画を語る』を読み始めている。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "早瀬の水音をめぐる俳句"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/13

領収書だけお願いします!

 小生はタクシードライバーである。
 往々にしてタクシードライバーはお喋り好きな人が多いと云われがちである。
 本当などうか、分からない。
 同僚とお喋りする機会は、仕事に絡む情報を得る意味でも逃さないが、印象では、これまでのサラリーマン経験での付き合いに照らして、それほど違うとは思えない。

Sscn2234

 ただ、仮にタクシードライバーがお喋り好きという世評(これも都市伝説の一つか?)が正しいとしたら、ドライバーは、日の大半の時間を車内で過ごすわけで、実車(お客さんが乗っている状態)の時間帯は、そのうちの半分もない。
 つまり、車内においてドライバーは孤独であり、ラジオなどで沈黙の空間を埋めることもあるが、乗っていただいたお客さんをこれ幸いと、お喋りのいいターゲットにしているのかもしれない(← 根拠はきわめて薄い)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

続きを読む "領収書だけお願いします!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/12/12

海の響きも聞こえない

 紅いビロードのような壁面が延々と続く。
 紅い。紅過ぎる。
 続く。続き過ぎる。

 血塗られたパイル状の斜面を転がっている。
 べとべとした感触がえも言われぬ快感を与えてくれる。
 頬擦りしたいほどの滑らかさ。
 血糊のリンクを、白いシュプールを描いて滑っていく。
 削られ飛び散る深紅の氷。
 

続きを読む "海の響きも聞こえない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/11

雪の日だって忙しい

 今日も富山は雪である。
 ただ少し降り方が弱まってくれた。
 早朝の一番気温の低いはずの時間帯でも、氷点下にはならない。
 日中も、雪になったり雨になったりと変化が激しく、微妙な気温だったようだ。

Sscn2251

← 以下、「富山市役所展望塔」からの眺望。「地上70mに設置する展望塔からは、360度の大パノラマが御覧いただけ」るとのこと。いずれも、水滴のガラス窓越しの撮影なので、曇天と相まって快適な視界とは言えない。でも、来てよかった!

 今日も、庭の雪かきに追われた。
 昨日、除雪(融雪)のためのホースを設置。夜半は止めておいたものの、日中は、しょぼしょぼ程度に流す。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

続きを読む "雪の日だって忙しい"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/12/10

一晩で雪国に!

 八日(土曜)の夕刻には、薄っすら雪化粧だった。
 それが、明日は仕事だからと早めに就寝し、翌朝、外を眺めてみると、雪国!
「国境の長いトンネルを抜けると雪国」じゃないが、実際、一晩を過ごしただけで、雪国で、頭の中が真っ白になった。

Sscn2227

→ 一晩、寝て起きたら、そこは雪国だった。頭の中が真っ白になった!

 十二月、それもまだ上旬というこの時期にこの積雪というのは、雪国の富山でも、珍しい(← 多分)。
 
 シベリアから流れ込む強い寒気の影響で、冬の雷も先月来、頻発している。
 冬の雷は、夏の雷より回数は少ないものの、一回当たりのエネルギー量が大きくて、夏より数百倍に達することもあるのだとか。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

続きを読む "一晩で雪国に!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/12/09

酒でも飲めば

 いよいよ冬本番を迎えた。
 本格的に雪が降り出した…と思ったら、一気に白銀の世界へ。
 夕方ともなると…といっても五時前後だが…曇天の北陸は、あっという間に宵闇の世界に沈む。

Sscn2201

 寒さと曇天と、追い打ちをかけるような氷雨や雪。
 なにか、仕打ちを受けているような、天から咎められてるような、憂鬱な気分になる。
 酒でも飲めば気分も変わるのか。

続きを読む "酒でも飲めば"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月2日 - 2012年12月8日 | トップページ | 2012年12月16日 - 2012年12月22日 »