« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »

2012/02/04

『 ねじとねじ回し-この千年 で最高の発明をめ ぐる物語 』!

 この冬一番の強烈な寒波は峠を越えたとか。
 今日くらいは除雪作業をしなくても済むかと思いきや、とんでもなかった。
 確かに新たに降り積もった雪はそれほどでもなかったが、屋根からの雪が庭の道を塞いでいたりするし、結局、今夕までだけで、もう三時間以上、雪と格闘。
 
090366

 さて、車中では、ほんのちびりちびりだが、小生にしては、毛色の変わった本を読んでいる。
 それは、「ねじ回し」そして「ねじ」についての本。

続きを読む "『 ねじとねじ回し-この千年 で最高の発明をめ ぐる物語 』!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/03

おしあいへしあい

 過日、ひょんなことから,「 おしあい‐へしあい 」なる言葉(慣用句?)が気になってしまった。
 意味そのものは、見当がつく。
[名](スル)大ぜいの人が集まってごった返すこと。「売場は―している」
(kotobank.jp/word/押合い圧し合い)

 混雑の中、おしあいへしあい、前へ進む、なんて表現は、ありがちである。

「おしあい」の方は、分かる。漢字で表記するなら「押し合い」だろうとは察せられる。
 気になった(すぐには表記が浮かばなかった)のは、「へしあい」のほう。
  

続きを読む "おしあいへしあい"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/02

大和岩雄・著『新版 古事記成立考』を改めて読 む

 今日も午前中は、例のよって除雪作業。
 昨日は、富山は(平野部に限っては)心配していた程は降らなかった。

9784479840718

 ただ、日中の気温がさすがにこの冬一番の寒波のせいで、積もっていた根雪が融けてくれず、少々の降雪でも上乗せになり、積雪量が増えてしまう。
 新規の雪が少ないから一時間も作業すれば区切りがつくかと思ったが、見込み(期待)は甘く、二時間以上も汗だくの除雪作業が続いてしまった。

続きを読む "大和岩雄・著『新版 古事記成立考』を改めて読 む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/01

ランボー 共感覚の世界?

 相変わらずの雪の日々が続いている。
 朝、恐々カーテンを引き、外の様子を窺う。
 雪! 前夜よりグッと積雪が増しているのを見せつけられる。

 実際には、窓の外を確かめずとも一面の銀世界だということは分かっている。
 何も、前日のあれだけの雪が一晩であっさり融ける、なんて夢のようなことなど起きるはずがない、なんてことじゃない。

続きを読む "ランボー 共感覚の世界?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/31

ダニエル・タメットを読む

 ダニエル・タメット著の『天才が語る サヴァン、アスペルガー、共感覚の世界』(古屋美登里訳 講談社)を読んだ。
 題名(邦題)、特に「天才が」の部分がちょっと気にかかるが、実に興味深い本だった。
「天才が」というより、特異な資質を生まれ持ったその人本人が語る、であり、だからこそ本書は稀有な書であるのだ。
 
4062139545_2

 自閉症者扱いされたり、施設へ預けることを勧められたり、人と違うことで虐めの恰好のターゲットにされたりしてきた。
 それでも両親を初めとする周囲の理解や庇護もあって、むろん本人の不断の努力もあって生き抜き、今日の彼なりの、彼ならではの豊かな世界を切り開き築き上げてきた。

続きを読む "ダニエル・タメットを読む"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/30

白き魔 シジフォスの罰?

 過日、屋根の雪下ろし方法についてあれこれ想像を巡らせてみた。
 幸か不幸か、早速、構想(妄想)に留まっていた着想(思いつき)を試す日がこの週末、そして今日、やってきてしまった。

 今朝の段階で、屋根には60から70センチほどの積雪になっている。
 屋根の場所によっては、日当たりや傍の立木の影響、屋根同士の合流(つまりは積もった雪のぶつかり合い)などの事情でもっと高くフルッヘヘンド(?)している箇所もある。
Img_20120128_1548411


続きを読む "白き魔 シジフォスの罰?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/29

パソコン、こわれた!

 昨日、とうとう我がパソコンが壊れた。
 もう、一年以上も前から故障の前兆、前駆症状は現れていた。
 ノートブックパソコンを愛用していて、前代のは、モニター画面表示が不能となったのが初期症状で、それから徐々にあれこれ不具合が発生したが、今回は、キーボード入力が不能となったのが最初のトラブルだった。
 無論、キーボードくらいは交換(USB接続)でなんとかなった。
 それが昨年の始め頃だったか、パソコンから異音が聞こえてくるようになった。
 ウーッというかグイーンというのか、とにかくモーター(?)が唸り声をあげているような、不安にさせる音。
 最初は小さかったり、鳴らなかったり、症状は不規則に発生してきていた。
 最近は、電源を入れた瞬間の異音は、それこそいつ息の根が止まってもおかしくはないと覚悟はしていた。
 その日が昨日ついにやってきたのだ。
 今は、応急処置でブログの更新を試みている。
 その詳細は別に日記に書くつもり。

続きを読む "パソコン、こわれた!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »