« 2012年11月11日 - 2012年11月17日 | トップページ | 2012年11月25日 - 2012年12月1日 »

2012/11/24

ララバイをアザミ嬢に

 ケヤキ並木の道を歩く。
 富山市のシンボルの木々たち。

Sscn1924

 イチョウ並木の道をゆく。
 黄色の絨緞を踏みしめながら、銀杏を拾いながら。

続きを読む "ララバイをアザミ嬢に"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/23

藤村『夜明け前』冒頭に「安政東海地震」が

 今日、雨の中、哲学者・高橋哲哉氏の後援会へ行ってきた。
 出不精の小生だが、恩ある方に誘われたし、同氏には以前より関心があり、著書も少なくとも一冊は買って読んだことがあり、肉声をきくのもいいと思い、でかけてきた。

Ansei_great_earthquake_1854_1855

→ 「安政の大地震絵図。江戸地震の惨禍」 (画像は、「安政の大地震 - Wikipedia」より)

 同氏は、富山の有志の方が呼ばれることもあって、年に何回か来富しており、今年も二回目だとか。
 後援会については、後日、時間が取れたらメモしておきたいと思う。
 さて小生、島崎藤村著の『夜明け前』を読み始めている。

続きを読む "藤村『夜明け前』冒頭に「安政東海地震」が"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/22

読書日記ならいいのだが

 仕事のほうは相変わらず不況もあって不調だが、家にあっては雑用が多く、多忙である。
 庭仕事もすべきことが多々あるし、家の中も寒さ対策にとどまらず、あれこれ不備がある。

4105090135

←  G・ガルシア=マルケス/著『予告された殺人の記録/十二の遍歴の物語』(木村榮一/訳  新潮社)

 家の補修、たとえば台所や洗面所などの水道の蛇口の栓が緩んでいて、水がポタポタ垂れること。
 どんなに固く蛇口を絞っても、すぐに水がポタポタと。
 栓を交換しないとダメなのだろうが、自分ではやり方が分からない。
 そのうち、調べようと思いつつ、半年以上を経過してしまった。

続きを読む "読書日記ならいいのだが"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/21

ずっと勘違いしてました

 一昨日、ようやく自宅のボイラーを修理(器具を交換)した。
 早速、その日の夕方、食事前にシャワーを使う。

Sscn1891

→ 近所のお屋敷の庭。塀越しの木々の紅葉が素晴らしい。眼福になる。我が家の庭とは大違い

 我が家の風呂場に熱い湯のシャワーが出たのは3年ぶりだろうか。
 父母が亡くなった年には、ボイラーが不調になっていて、銭湯通いを強いられていたのだ。
 これからは、銭湯は温泉へでも出かけるつもりの楽しみの場(機会)となるわけだ。

続きを読む "ずっと勘違いしてました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/20

藤村『夜明け前』を読む

 今日から島崎藤村の『夜明け前』(岩波文庫)を読む。
 この大作を年内に読み終えられるかどうか、分からないが、久々にじっくり読みたい。
 年末には選挙がある。第三極だか何だか知らないが、維新なる言葉が持てはやされているようだ。
Img_0750

← 「藤村記念館

 だからって、幕末から明治維新にかけての物語を再読しようというわけじゃない。
 惜しくも亡くなられた評論家の篠田一士が彼の著『二十世紀の十大小説』の中で、日本から唯一、藤村の『夜明け前』をリストに加えている…から読むってわけでもない。

続きを読む "藤村『夜明け前』を読む"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/19

むすんで ひらいて余聞

     「むすんでひらいて」(作詞不詳・ルソー作曲/文部省唱歌)
 

   むすんで ひらいて
   手を うって むすんで
   また ひらいて
   手を うって
   その手を うえに(したに)
   むすんで ひらいて
   手を うって むすんで

続きを読む "むすんで ひらいて余聞"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/11/18

雨の夜に満月

 過日、不思議な気象に遭遇した。
 天気雨ならぬ雨満月である。
 天気雨というのは、「晴天にもかかわらず雨が降っている状態を指す」言葉であり、必ずしも、珍しくはないだろう。

Art031

 また、三日ほど前、虹を見た。雨模様のぐずついた天気の一日だったが、束の間の晴れ間に、北の空に虹を見たのだ。
 でも、虹にしても、珍しくはないだろう。
 頻繁に出会うわけでもないけれど、何か嬉しくなる。夢それともファンタジーの感を覚えるからだろうか。

続きを読む "雨の夜に満月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月11日 - 2012年11月17日 | トップページ | 2012年11月25日 - 2012年12月1日 »