« 2012年8月19日 - 2012年8月25日 | トップページ | 2012年9月2日 - 2012年9月8日 »

2012/09/01

「半七」再び!

 残暑厳しい折、営業中の車中での楽しみは、暇を見つけての居眠り、遭遇した景色(素敵な人)眺め、そして読書である。
 この数か月、なぜかまた綺堂が読みたくなった。
 そう、「半七」の岡本綺堂である。

Photo

← 岡本 綺堂【著】 北村 薫 宮部 みゆき【編】『読んで、「半七」!―半七捕物帳傑作選〈1〉』(ちくま文庫 筑摩書房)

 何年か前、帰郷して間もない頃、自転車を駆って市立図書館へ行き、CDやら本やらを借りまくった。
 そんな折、岡本綺堂が不意に読みたくなり、図書館にある文庫本を読み漁った。

続きを読む "「半七」再び!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/31

読書拾遺ふたたび

 暑い中、ちびいりちびりと読書。
 久しぶりに文学や科学エッセイを離れ、戦後史の闇を抉る、時事的な本を手にした。


Photo

← 孫崎 享【著】『 戦後史の正体―1945‐2012』(「戦後再発見」双書〈1〉  創元社)

「元外務省・国際情報局長が最大のタブー「米国からの圧力」を軸に、戦後70年を読み解く」といった本。
 3年前まで防衛大学校の教授をされていた。
 外務省の主流ではなく、やや傍流を歩まれた。
 アメリカ追随派と自主独立派の抗争が日本の政府にも外務省においてもあった。
 田中角栄を筆頭に、自主路線を取る首相らは、アメリカに徹底して潰されてきた。
 

続きを読む "読書拾遺ふたたび"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/30

何とか一歩前進…一歩後退

 一昨日、パソコンを買った。
 一部は店で設定してもらい、残りは家で…自分で設定…のつもりだった。
 が、案の定というべきか、初期設定にミスし、パソコンが動かなくなった。

 パソコンが動かなくなったというのは、やや大げさかもしれない。
 画面上のポインターが動かなくなったのだ。

続きを読む "何とか一歩前進…一歩後退"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/29

本日は閉店デス ! ?

 いきなり、パソコンの設定に失敗しちゃった。
 ネット接続までは上手くいったんだけど。
 今日は仕事だし、パソコンに触れない。
 なので、本日はブログの更新は休みます。

続きを読む "本日は閉店デス ! ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/28

ようやくツール入手

 デジカメが不調になって数年、パソコンに不具合が生じて半年。
 これまで、モバイルツールで何とかしのいできた。
 身内に不幸があったこともあり、これまで長くネットに関わってきたことなど、反省も重ねることがあった。
 短からぬ歳月、最初はワープロ、ついで99年末よりパソコンを使ってのネット参入。
 日に最低一個の日記などの雑文を綴ってきた。
 単純計算でも、99年末以降だけでも、4500個の小文を送り出してきたことになる。
 数だけは、なかなかのものである。

続きを読む "ようやくツール入手"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/08/27

浅草サンバカーニバル(第31回)画像情報

 東京都台東区の浅草寺周辺で25日、恒例の浅草 サンバカーニバルが開催された。
 31回目となる今年は、女性たちを中心に26チーム、およそ 4000人が参加したとか:
2年ぶりに浅草サンバカーニバル NHKニュース

 小生は、東京在住時代最後の数年、某サンバチーム(エスコーラ)のメンバーだった。
 熱心なメンバー…といっても、サンバパレードの追っ掛けとしの活動がメインだった ! ?
 富山へ帰郷を余儀なくされたが、浅草サンバカーニバルの折は、夜行バスで上京し、パレードのスタッフ参加をさせてもらった。
 08年から09年度に渡って。
 昨年度は、かの大震災もあり、カーニバルは惜しくも中止と相成った。
 今年は、迷ったが、家事に専念。

続きを読む "浅草サンバカーニバル(第31回)画像情報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/26

オスプレイ問題の行方

 領土問題(は存在しない、という建前だが)が囂しい。
 領土問題を契機に、日中韓の対立が先鋭化の一途を辿るのか。
800pxus_navy_080708n4014g085_a_v22_

← V-22(オスプレイ) (画像は、「 V-22 (航空機) - Wikipedia 」より)

 ナショナリズムの気運が煽られ、原発問題も、消費税アップ関連の話題も吹き飛んだようでもある。
 へそ曲がりというか、猜疑心の若干強い小生、野田首相に限らず、与野党を問わず、韓国の大統領の焦りの感じられる振る舞い、中国(香港)の尖閣諸島上陸といった、国家的利害のぶつかり合う問題に脚光が浴びることを、これ幸いとばかりに、ある程度、煽りに乗っかっているようにも見えてしまう。

続きを読む "オスプレイ問題の行方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月19日 - 2012年8月25日 | トップページ | 2012年9月2日 - 2012年9月8日 »