« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »

2012/08/11

「帰りなんいざ」とは云うものの

 陶淵明の漢詩に、有名な「帰去来辞」いわゆる「帰りなんいざ」がある。
 今、読んでいる石川忠久著の『漢詩の魅力』の中で、久しぶりにこの漢詩に接し、少しは向き合うことができた。

4480090169

← 石川 忠久【著】『漢詩の魅力』(ちくま学芸文庫)

 漢詩の有名な一連を示すと:

帰去来兮 田園将蕪胡不帰 既自以心為形役 奚惆悵而獨悲 悟已往之不諌 知來 者之可追 実迷塗其未遠 覺今是而昨非 舟揺揺以軽(風+易) 風飃飃而吹衣 問征夫以前路 恨晨光之熹微

続きを読む "「帰りなんいざ」とは云うものの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/10

唐辛子はいと悲し

 この数日、暑さがやや和らいでいる。
 日中の最高気温は三十度を上回る程度。
 明日からも幾分不安定な天気が続くとか。

Img_20120810_11414411

 ロンドンオリンピックの連日の報道にかき消されてか(小生も今朝未明の女子サッカーの決勝戦を見ていて、今も頭が朦朧としている)、電力不足関連の話題がマスコミではあまり触れられない。

続きを読む "唐辛子はいと悲し"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/09

アスリートたちの姿に

 連日、アスリートたちの限界に挑む姿に感動し圧倒されている。

 小生は、学生時代、ほぼずっと帰宅部だった。

Img_20120807_19032111

← 宵闇迫り、日中の暑さも和らぎ、ホッと一息。富山市内某所にて。

 真っ直ぐ家に帰宅したかどうかは別問題として、少なくともスポーツの世界で、勝負の土俵の上で、ギリギリの闘いをしたことはない。
 但し、自分なりの限界に挑む状況に陥ったことは、ないことはない。

続きを読む "アスリートたちの姿に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/08

日陰を求めてウロウロ

 暑い日が続いている…のだが、一方で一昨日は未明に風雨、昨日は午前中、ザーッと降雨。
 今朝未明、尿意で目覚め、ふと妙に涼しいなと感じ、カーテンを少し開けて外の様子を窺ったら、シトシト雨。

4480090169

← 石川 忠久【著】『漢詩の魅力』(ちくま学芸文庫)

 連日、猛暑が続いていて、せめて夕立でも、なんて愚痴を呟いていた、その願いが天に届いたのだろうか。
 …そんなわけもないだろうけど、やや不安定な陽気があとしばらく続いてくれたらと、切に願われる。

続きを読む "日陰を求めてウロウロ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/08/07

お墓掃除

 午後の三時過ぎ、炎天下、自転車に乗り、近所にあるお墓へ、墓掃除に行ってきた。
 近く父の月命日だし、お盆も近い。
 お昼過ぎ、妖しい風が吹きまくった。やがて間もなく、雷雨。
 久しぶりの雨。人間もだが、庭や畑が喜んでいる!
 なので、荒れた天気はすぐに収まり、晴れ渡ったが、気温はやや低い。麦わら帽子も被る必要を感じなかった。

続きを読む "お墓掃除"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012/08/06

オースターと春樹と?

 ポール・オースター/著の『幻影の書』(柴田元幸/訳 新潮文庫)を読了。
 再読。オースターワールドを堪能した。
 実に壮絶な物語性。

521712

← ポール・オースター/著 『幻影の書』(柴田元幸/訳 新潮文庫)

 箱の中に箱が、その中にまたさらに箱が…

 人によって、村上春樹との類似性めいたものを感じることもあるとか。
 小生は村上作品は、数作しか読んでいないし、この数年、少なくともオースターワールドの嵌まってからは、全く読んでいない。

続きを読む "オースターと春樹と?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

富岩運河クルーズを楽しんだ

 過日、 富岩運河クルーズ を楽しむ機会があった。
 観光タクシーあるいはコンベンションタクシーの講習会の一環でのこと

2008_0325071003tonai0044

 船に乗るのは、1974年の夏前以来か。青函連絡船(当時)への二度めの乗船が最後か(あるいは、シンガポールか何処かへの研修旅行の際に、何か船に乗ったような)。
 天気は快晴無風で、運河を吹き渡る微風が気持ち良かった。

 富岩運河クルーズは、富山市内の観光の目玉の一つなので、クルーズを体験してもらおう、ということなのだろう。

続きを読む "富岩運河クルーズを楽しんだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月29日 - 2012年8月4日 | トップページ | 2012年8月12日 - 2012年8月18日 »