« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »

2012/03/31

黒についで赤…入善ジャンボ西瓜サイダー!

 金曜日の日中の営業は、驚くほど暇だった。
 春休みだから? 学生は分かるが、サラリーマンも?
 いつもの金曜日の半分ほども仕事ができなかった。

Cider_s

← 「入善ジャンボ西瓜サイダー」 (画像は、「 商品案内|合同会社 善商 」より)

 暇の徒然という訳じゃないが、読書がやたらと進み(過日より読み始めていた「筑摩書房 ちくま文学の森 7 悪いやつの物語 / 安野 光雅・森 毅・井上 ひさし・池内 紀 編」の残りの百頁余りをあっさり読み切ってしまった!)、待機中の仮眠…居眠りもたっぷりし(これは夜の忙しいだろう営業に備えて、の意味もある)、当然持参した(車内に持ち込んだ)新聞も早々、隅から隅まで読み終えてしまう(朝食をとる際は、テレビを見ながらなので、新聞は専ら車内で)。

 すると、「 特産スイカでサイダー」といった囲み記事を発見。

続きを読む "黒についで赤…入善ジャンボ西瓜サイダー!"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/30

晴耕雨読…未満

 木曜日は、前日来の快晴。
 富山には珍しい好天気。
 ドライブ…と行きたいところだが、先ずは我が家の雑事をあれこれ片付けないといけない。
 庭仕事もだが、畑仕事に精を出した。

Img_20120329_17050511

 といっても、土を耕し、起こし、市販の土壌改良の為の土を加え…と、土の手入れ作業に終始。
 後日、ナスやキュウリ、トマト、トウモロコシと、苗などを植えていく。
 ゴーヤなどはグリーンカーテン(日除け)という目的もあるので、ヘチマも併せて、家の壁際・窓際に植え育てるつもり。

続きを読む "晴耕雨読…未満"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/29

富山ブラックのサイダー 来月1日発売 !

 27日夕、仕事中、待機の暇の徒然にテレビ(ワンセグ)を見ていたら、ちょっと面白い(?)ニュースに遭遇した。

P_toyamablackcider_b_2

富山ブラックのサイダー 来月1日発売 」(北國・富山新聞ホームページ - 北陸の経済ニュース)
 一部、転記させてもらう:

トンボ飲料(富山市)は27日、ご当地ラーメンの富山ブラックの風味を再現した炭酸 飲料 「富山ブラックサイダー」を発表した。4月1日、北陸自動車道のサービスエリアや 県内の スーパー、飲食店、全国の量販店などで発売する。
しょうゆの風味に黒コショウや唐辛子をきかせ、後味に爽やかな甘みが広がる仕上がり にし た。全国のサイダーフェアなどで、ご当地ドリンク「地サイダー」として発信する。
「良い意味で予想を裏切るおいしさ」(広報室)で、焼酎と合わせるとスパイシーな酎 ハイ を楽しめる。


続きを読む "富山ブラックのサイダー 来月1日発売 !"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/03/28

立山連邦を眺めると

 昨日、仕事で富山市のやや郊外の地へ赴いた。
 中心部からだと、北東の方角。

Img_20120327_1046581

 東へもう少し行けば、昔は暴れ川だった川としても有名な常願寺川。
 北は富山湾。海水浴場として知られる浜黒崎に間近い。

 富山市の中心部からでも、街角の随所で立山連邦を眺めることができる。

続きを読む "立山連邦を眺めると"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/03/27

今年は源氏鶏太の生誕百年

 中学生の頃はどちらかというと、数学(幾何学や算術)や海の謎や宇宙の神秘、ピラミッドやインカ帝国などをテーマの考古学や古代史などの本に関心が集まっていた。
 一方、ロマン・ロランの「ジャン・クリストフ」、トルストイの「戦争と平和」(ダイジェスト版)や三島、太宰の本、などをかじり始めていた。

51ckkxbxail

← 源氏鶏太原作の映画化作品の一つ。

 メインはSFだった。
 高校生になった最初の年、「ジェイン・エア」を読んで文学に開眼(?)したが、二年生からは失恋を契機に(?)宗教書や哲学書に傾倒しだした。
 源氏鶏太の小説には目もくれなかった。
 映画の原作者というイメージが強かった。

続きを読む "今年は源氏鶏太の生誕百年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/26

忘れられた?作家・ 源氏鶏太の周辺

 昨日の北日本新聞朝刊の読書欄で懐かしい名前を目にした。
 源氏鶏太である。
 高度成長期頃までは、松本清張と並ぶほどの人気作家だった。
 が、今では忘れられた…作家の一人となってしまっている…ようだ。

 帰郷して、富山市の図書館を利用させもらってきた。
 あれこれ物色していて、ある日、そうだ、せっかく帰郷したのだし、地元富山市せめて富山県に縁のある作家(書き手)の本を読もうと思い立った。

続きを読む "忘れられた?作家・ 源氏鶏太の周辺"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/03/25

「気ままにクラシック」が最終回!

 タクシードライバーという仕事柄と言うべきか、はたまた小生個人の趣味・嗜好なのか、ラジオに耳を傾ける機会、時間が多い。

4110091235

← 幸田浩子天使の糧(パン) PANIS ANGELICUS」 (画像・情報は、「 【古典派.com】天使の糧(パン),PANIS ANGELICUS,幸田浩子,KODA HIROKO,新イタリア合奏団,I SOLISTI FILARMONICI ITALIANI,コロムビア,COZQ-483,4988001391708 」より)

 ラジオなど聴かないというドライバーも多いだろうし、実車(お客さんが乗っている状態)だと、ラジオの音声(ボリューム)は下げるか、スイッチを切ってしまう。

 いつ実車になってもいいように、聴くのは誰に聴かれても無難なNHKのみである。

続きを読む "「気ままにクラシック」が最終回!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »