« きてきて富山 きときと富山 | トップページ | 日本の長期経済的(及び政治的)凋落の行方 »

2012/12/23

放火殺人事件解決に思う

 年末になって、驚きのニュースが飛び込んできた。
「2010年4月に富山市大泉のビルで住人の会社役員、福田三郎さん(当時79)夫妻が殺害され、住居が放火された事件で、富山県警は22日、夫妻の知り合いで同県警警部補の加野猛被告(54)=富山市森1=を殺人と現住建造物等放火、死体損壊容疑で逮捕した。事件は発生から2年8カ月、現職警察官が逮捕される異例の事態となった」というのである(「警部補を殺人・放火容疑などで逮捕 富山の夫婦殺害  :日本経済新聞」より)

Sscn2320

 事件が発生して2年と8か月にして、一応の決着がついたわけである。
 よりによって警察関係者による犯行だったとは(尤も、「調べに「私がやったことに間違いありません。被害者と家族に本当に申し訳ない」と供述」しているようだが、あくまで現段階では容疑者なのだが)。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 富山県情報へ
にほんブログ村

 事件現場は、営業していると、大概、一度は近くを通る。
 時には、お客さんを迎えるため、その直近のビルを訪れることもある。

 現場のビルは、事件後、半年を経過した頃、更地となったようで、小生が営業を始めた2011年の3月時点では、更地の状態だった(ことを後で知った)。
 あの辺りがあの衝撃の事件の現場だと、お客さんに教えられて知った次第。
 そうか、だから、あの辺りで時折、警察が何か調べていたのかと、これまた後になって腑に落ちたものだった。

 事件は下手すると迷宮入りか、という噂も仄聞した。
 被害者夫妻についても、これまたお客さんから、あれこれ聞かされたものだった。

Sscn2321

 やがて、「県警は情報の通報者に私的懸賞金(上限300万円)が支払」う事件に至ってしまった。
 懸賞金の話題がテレビなどで報じられて、解決の糸口が見いだせない状況にあることを知ったわけである。


 富山(に限らず)は、殺人事件など、滅多にない(そうそうあってはたまらない)。
 それが、殺人どころか、放火殺人という凶悪事件である。

 事件は未解決。ということは、犯人が町中を、下手すると近所をうろうろしている可能性もあるわけだ。

 小生は、高校卒業後、学生時代は仙台に、大学を出たあと、上京した。
 昭和53年の春である。
 上京した年、新宿のアパートに住んだのだが、テレビっ子の小生、早速テレビを入手。
 そのテレビを見た最初の日の番組で今も印象的なのは、殺人事件が起きたという報道だった。
 富山(や仙台)では、接したことのないような類の事件で、ああ、これが東京なのか、という軽からぬカルチャーショックを受けたのを覚えている。

 昨年の後半からは、大震災の発生もあり、テレビなどでは、この事件があまり報道されなくなっていた。
 世間から忘れ去られ、やがて迷宮入りしてしまうのかと、近所を通るたびに勝手に思っていた。

Sscn2322

 地方は殺人事件など滅多にない…と云いつつ、「富山、タクシー運転手が死亡 殺人容疑で捜査 - 47NEWS(よんななニュース)」が、我が富山県にて今年三月末に発生しているわけで、となると、富山はもはや殺人事件に縁遠い街ではなくなっているのだろうか。

 それが、「今年8月上旬、県警が入手した情報から加野容疑者が浮上。加野容疑者は、留置管理係長として高岡署に勤務していた9月、留置場を訪れた男性に、男性の知人の暴力団組員が近く逮捕されるとの捜査情報を漏らすなどしたとして地方公務員法違反容疑で10月以降、2回にわたり逮捕され」ていたのだ。
 そして、昨日22日、(我々一般市民にとっては)急遽、逮捕したという警察側の発表・陳謝という、事態に至った。
 あるいは、その情報の一端が報じられていたのか、それとも、マスコミ各社にとっても、青天の霹靂のような事態の急展開だったのかは、分からない。

Sscn2329

 富山(に限らず地方都市)は、殺人も折々発生するような殺伐な街に性格を変えたのだろうか。
 それとも、統計上、殺人事件の件数は、それほど変わっていないのか、その実情は分からない。
 長引く不況が人心をも荒廃させてしまっている…ようなことのないことを願うばかりだ。

|

« きてきて富山 きときと富山 | トップページ | 日本の長期経済的(及び政治的)凋落の行方 »

富山情報」カテゴリの記事

コメント

警察官の犯行、しかも二人殺していますから、この被疑者←現段階ではそうなのかな?はまあ死刑ですね。
うちの方は世田谷一家殺人事件、指紋もDNAもあるのに何故か容疑者が捕まる気配ない。
もしかしてもう容疑者死んでるのか?
後は、連続不審死の容疑者、留置場で自殺しちゃいましたね。
留置担当者は何をやっているのかとなりますが、富山の容疑者また留置担当だそうですね。

投稿: oki | 2012/12/23 23:48

okiさん 風邪、もう大丈夫?

世田谷一家殺人事件は、初動捜査のミスが大きかったとか。犯人は、外国人という説がありますが、だとしたらもう逃亡しているでしょう。
日本人だといても、何ら有力な手掛かりがない以上、手の打ちようがない。

それでも、急転直下の結果を期待しますね。
そうでないと、不安だし。

角田被告の自殺は、当局のとんでもない怠慢ですね。
事件の真相が藪の中になっちゃった。
まさか、意図的に怠慢したとは思いたくないけど。

投稿: やいっち | 2012/12/24 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56377981

この記事へのトラックバック一覧です: 放火殺人事件解決に思う:

« きてきて富山 きときと富山 | トップページ | 日本の長期経済的(及び政治的)凋落の行方 »