« 歩道の消雪こそ、大事だ!  | トップページ | 天候不順…油断大敵! »

2012/12/07

南京虫の思い出

 木曜日、NHKテレビ(クローズアップ現代)で「スーパーナンキンムシ」特集があった。
 既成の殺虫剤が効かない、新種の南京虫が日本でも現れ、被害の報告が増えているという。
 アメリカでは五年ほど前から被害が目立ち始め、対策が求められるようになったという。

Sscn2189

← 富山駅北口から岩瀬浜へと、ライトレール(ポートラム)が走る。ハロウィンだったり、今はクリスマス気分を演出するデザインとなっている。

 日本は、アメリカの現象を十年遅れで追随するなどと仄聞するが、さすがにスーパーと冠せられるだけに、五年遅れで日本でも被害の報告が増えてきたようだ。
 興味深かったのは、これまでのようにワンパターンで、新薬を求めるのではなく、虫(敵)の習性を徹底的に調べ上げることで、薬に頼らないナンキンムシ退治(対策)がアメリカで勧められているという報告である。

 たとえば、黒い色のものを隠れ場所(住処)にしがちだとか、プラスチックのように表面がツルツルしているものより、布や紙などざらざらしている場所を好むとか、(昆虫に限らないだろうが)熱に弱いようで、45度以上の熱風に数分晒すとか(売り出されているナンキンムシ駆除の電気装置だと、60度ほどの熱風でやっつけるようだが)、などなど。

 なるほど、やっつけるには敵の習性を知ることが先決だし、何より、薬剤に頼らないことで、環境への負荷も、人が薬剤の影響を受ける、などのマイナス面が減るわけで、云われてみれば、当然なのかもしれない。

 さて、小生には、ナンキンムシに絡む苦い思い出がある。
「南京虫の思い出」だからといって、決して、南京虫との甘い思い出があるわけではない!

 小生は五年余り前に帰郷した。
 これは、帰郷する前の、帰省の折の思い出である。
 今から七八年前のことだろうか。
 その年の五月だったろうか、例によって田植えを手伝うことを謳い文句で連休を利用して、オートバイで帰省した。
 田舎の家での小生の居住する部屋は決まっている。
 数部屋ある我が家の、南西角の六畳間である。
 その部屋には、天袋もある立派な押入れがあり、帰省してからの一服や食事、団欒のあと、部屋に引っ込んだ。
 その年の二三年前から、布団は自分で押入れから引っ張り出して、敷く。
 それまでは、父母が敷いていてくれたのだが、体力が許さなくなったのである。
 その年も、押入れから引っ張り出して、日記を書こう、本を読もうと布団に潜り込んだ。
 悪い予感はあった。
 いや、予感ではなく、父が警告してくれたようだが、小生はせっかくの忠告を聞き流してしまった。
 そんな大事に至るようなこととは、夢にも思わずに。

Sscn2113

→ 富山城の城址公園。

 嫌な感触は布団に潜り込んだ直後からあった。
 もぞもぞするような、嫌な感じ。
 足や手など、下着から食み出している部分に、一際、明らかな違和感があった。
 その時点で、布団から出るチャンスはあった。
 普通の人なら、そうするはずである!

 だが、不精な小生、せっかく布団に潜り込んだのに、今さら出られるかと、そのまま、不快をものともせずに(!)寝入ってしまった。
 寝込んで間もなく、二三時間ほどしてからだろうか、尿意もあったが、むしろ痒みに耐えきれず、目覚めてしまった。
 思えば、それがラストチャンスだったのだ!
 怠惰で不精な小生は、トイレから戻ると、また布団に潜り込み、そのまま朝を迎えたのだった!
 起きてびっくりだった。
 手もだが、足がひどかった。
 脛の辺りを中心に、脹脛など、足中が虫に食われて、たまらなく痒いし、早くも変色している個所もあった。
 
 小生は、シラミか何かのせいだと思っていた。
 当時、小生はナンキンムシのせいだとは思わなかったのである。
 何たる無知!
 とにかく、シラミの奴に足が食われた、血が吸われた、しかも、一晩中! その愚かさを呪った。

 そうだ、前夜、布団、日干ししてないからと、ちゃんと忠告されていたのだ。
 なのに、その忠告を軽んじてしまったのだ。

 若い頃は、日光浴が好きだし、ツーリングでも、旅先では、陽を浴びながら、のんびりしたり読書したものだった。
 ツーリング以外でも、スキー、ゴルフ、テニス、水泳と、休日はアウトドアで過ごし、特にスポーツなどで体を動かすのが好きだった。

Sscn2119

← これも、富山城の城址公園脇の風景。

 しかし、三十代半ば以降は、体に栄養が行き渡っていないし、寝不足もあって、日焼けが肌などに悪いと自覚し、陽を避けるようになった。
 なので、四十代近くには、吾輩の体は白くなり、また、陽に焼かないせいもあってか、もち肌(← 見栄あり!)を維持していた。
 その自慢の白いもち肌が、その夜、シラミに一気に痛めつけられたのだった。
 悔しい! それ以上に、己の愚かしさを呪う!

 体中を食われたその日、早速、布団を日干ししたが、後の祭りだった。
 帰省の際には、父母が我が子のためにとやってくれいたこと、その有難みを、我が身で痛いほどに思い知ったわけである。

 あれから十年ほどにもなる今も、あの夜、一晩中、ナンキンムシどもに食われた痕が、痛々しいほどに脛などに残っている。
 脛の傷、脛の痣を見るたび、親の有難み、己の愚かしさを思い知るのである。

|

« 歩道の消雪こそ、大事だ!  | トップページ | 天候不順…油断大敵! »

思い出話」カテゴリの記事

コメント

面白いですね。
今年は夏にゴキブリが全然出ないと思ったら、秋深まって、小さなゴキブリがゾロゾロ。
僕の足も何か虫に喰われたようで、痒くて赤かった。
まあ独り暮らしですので、伝染の心配はないですから、ほおっておいたら収まった、ダニかな?
心配と言うと今日の地震ですね、311の余震だそうで。
選挙控えて、経済政策とか言いますが、また地震がきたら経済どころではない。
311が続いていると言う認識で選挙に臨みます。

投稿: oki | 2012/12/08 00:28

oki さん

ココだけの話ですが、小生、今回、NHKの特集を見るまで、ゴキブリとナンキンムシの異同、あやふやでした。ダニとの異同も。
調べて、違いがはっきりした。

南京虫に食われた痕、いまだにまざまざと残っている。

地震、津波、1メートルだったとか。

311がメルクマールとなる日付なのは、当然でしょうが、それ以上に、8・6や8・9、そして8・15なども。
地震の被害は数十万で、これからも発生しえますが、戦争の被害は日本では数百万、アジア全体では数千万。

日本の政治も、アジア的規模、世界規模で捉えないと、経済的な困窮も脱出の望みもない。

投稿: やいっち | 2012/12/08 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56264707

この記事へのトラックバック一覧です: 南京虫の思い出:

« 歩道の消雪こそ、大事だ!  | トップページ | 天候不順…油断大敵! »