« 忙中忙あり | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(4) »

2012/12/26

3 + 3 = 6?

 花子が3足す3は幾つ?と太郎に聞いた。
 二人は被災地のボランティアセンターにいる。

 花子のは、質問と云うより、何か思惑のありそうな聞き方。
 太郎はそんな花子の表情など頓着しない。

 6に決まってるだろう。何だよ、いきなり。
 例えばさ、ミカンが三つにリンゴが三つあったら?
 同じだよ。6だよ6。 3 + 3 は、6 って決まってるの。今さら何だよ。

 二人は被災地でのボランティア活動に初めて参加した。何かしたくてならない。リーダーは不在で、二人で物事を決めなくちゃいけない。
 
 あのね、ミカン三つにリンゴ三つ、被災者への支援と云うかお見舞いってことで貰ったの。
 それがどうした?
 だからね、それを被災者に平等に配りたいのよ。
 配りたかったら、さっさと配ればいいじゃん
 だからさ、平等にって云うけど、どうやったら平等なのか、分からないのよ。そもそも被災された方たちは、何人もいるし。
 そんなもん、あるものを片っ端から配るしかないじゃん。
 もう、目をつぶって、目に付いた方から順番に配ってくわけ?
 それ以外に、どんな方法があるんだ?
 だってさ、ミカンが好きな人もいれば、リンゴが好きな人もいるし、ミカンもリンゴも好きって人もいる一方、ミカンもリンゴも嫌いって人もいるわけでしょう? なのに、片っ端から配給すればいいって、ちょっと乱暴じゃない。

 じゃあ、どうすればいいんだ、と、やや苛立ってきた太郎。

 ミカンの好きな人、手を挙げて、リンゴの好きな人、手を挙げてって、やるのか? それじゃ、競争になるぞ、下手すると、奪い合いで喧嘩が始まっちゃうぞ!
 うーん、やっぱり、順繰りに配っていくしかないか。
 そうだよ、あとは貰った人たちが、交換するとか何とか工夫してもらうしかないさ。
 工夫するったって、そう都合よく、行く? すぐ近くで交換とか、できるかなー?
 
 太郎は花子の心配が理解できない。
 花子はとにかく心配性なのである。

 あのね、そもそも、人って体の大きな人もいるし小さい人もいるでしょう? 食欲のある人、育ち盛りの人とか、と花子。
 そりゃ、逆に体の具合の悪い人だって、いるだろうさ。そんなに心配なら、ミカンもリンゴも細かく分割してさ、もっといろんな人に配れるようにするとかすれば? いっそのこと、すりつぶしてジュースにして、少量ずつ、配るとかさ。
 
 太郎は、花子の話の細かさに、今にもキレそうである。

 逆に花子は太郎の大雑把さが理解不能なのである。とにかく平等に誰にも不満なく配りたいのだ。太郎が、花子に構わず、ミカンとリンゴの入った籠を持って出ていこうとするのを止める。

 おめえーよー、必要なところに急いで配らなくて、どうする?
 分かってるわよ、そんなこと。でも、だからこそ、みんなに平等に配りたいじゃない。
 足りねえのは、分かってるんだろう? 多少のことは目をつぶって、あるだけ、配ればいいんだよ。あとのことはあとのことさ。
 そんなんでいいのかなー?
 いいかどうかじゃなくてさ、当面は、多少は妥協してやるしかないじゃん。そのうち、追加の支援も来るさ。
 
 ああー、それがまた悩みの種なのよ。
 何がー?
 だってさ、追加の支援で、今度はバナナが三個にトマトが三個、来たらどうする。
 どうして、いつも三個、三個なんだよ。
 たとえばの話よ。
 その三個、三個、どう配るの? やっぱり、あてずっぽうに片っ端から配ってくわけ? それでも、数が足りないし万遍なく配れないのよ。
 そんなこと、知るか! とにかく、配ればいいんだよ。
 だってさあー、下手するとよ、同じ人にミカンにリンゴにバナナにトマトが一個ずつ行ってさ、逆にまるで何も届かない人も出てくるかもよ。それでもいいの?
 いいわけねえだろ、そりゃ。でも、じゃ、どうすればいいんだ。
 
 二人の議論は延々と続いた。ボランティアセンターには、果物がドンドン山のように溜まってきている。最初の頃に送られた支援の果物はもう腐りかけている…
 

|

« 忙中忙あり | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(4) »

駄洒落・戯文・駄文」カテゴリの記事

コメント

いや、人は優しいと思います。
特に極限状況を体験した人は、譲り合い、あなたの笑顔が見たいからと。
しかし、原発事故の事が忘れさられようとしているのは残念です。
卒原発を掲げた党は分裂、何をやっているのか、選挙で議席は減らしたけど、比例に投票した人の数は馬鹿にならない。
ところで今日神田三省堂書店の前にパトカー止まって、二階に警官数人、こんな年末に万引きする馬鹿がいるとみえる。

投稿: oki | 2012/12/29 21:16

okiさん

原発事故。見舞金などは、相当程度、集まっている。
どのように配分されているのか、その後の報道がされていないので、気になっている。
平等に公平に、というのは簡単だけど、実際に分けるとなると、実に難しい。

原発事故、その規模の大きさ、悲惨は筆舌に尽くしがたい。
原発を廃炉にというのは、それこそ云うのは簡単だけど、実際の道筋は難しい。
その困難を正面から向き合っての、脱や卒原発ならいいけど、世論受けの感情的な言動でしかないことが歴然。

安部自民の安易な原発推進も情けないけど、反論するなら、ちゃんと道筋を考えないと、足元を見られるだけ。

ホントに脱原発を目指すなら、これだけの困難があります、それでも、脱原発を目指しますかと、ウソ偽りなく問いかけないと。


年末に万引き。そういえば、昨年のあの被災地にも、窃盗などの犯罪が多発したとか。
人の弱みに付け込む奴は、いっぱいいるってことですね。

投稿: やいっち | 2012/12/30 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56398881

この記事へのトラックバック一覧です: 3 + 3 = 6?:

« 忙中忙あり | トップページ | 島崎藤村『夜明け前』を、今、読む(4) »