« 藤村『夜明け前』を読む(2) | トップページ | 外出したいのは山々なのだが »

2012/11/26

四面体の呪縛

 ある雨の日だった。
 霙(みぞれ)になっても不思議じゃない、冷たい雨。
 傘を持つ手が悴(かじか)む。
 傘をたたく雨の音は、まるで心を穿(うが)つようだ。

 いくら晩秋で雨天だとはいえ、夕暮れ時には間があるというのに、辺りは薄暗い。
 知らない町を歩いている。誰かを訪ねるために。
 目印となる郵便ポストを見逃してしまったのかもしれない。
 このままだと、人里を離れてしまいそうだ。
 戻るべきか、それとも、もう少し歩いて、様子を見てみるか。


 続きを読む? 

|

« 藤村『夜明け前』を読む(2) | トップページ | 外出したいのは山々なのだが »

創作・虚構・物語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56196415

この記事へのトラックバック一覧です: 四面体の呪縛:

« 藤村『夜明け前』を読む(2) | トップページ | 外出したいのは山々なのだが »