« 外出したいのは山々なのだが | トップページ | ヒヨドリの飛来? »

2012/11/28

晴れの日は忙しい…涙もポロリ

 富山には珍しい貴重な晴れの日。
 となると、外出に外仕事にと、忙しくなる。

Sscn2003

 使っているタブレット端末、タッチパッドの(たぶん、)パネルが故障…破損し、修理へ。
 店に持ち込んでみて初めて気が付いたのだが、パネルのガラス面が割れていた。
 過日、机から落とした際に、割れてしまったらしい。

 タブレット端末は、外、主に車の中などで使う。
 窮屈だし、薄暗いか、逆に差し込む陽光で眩しすぎる。 
 なので、パッドの表面が少し傷付いているなとは思ったが、まさかパネルが斜めに二分されるほどに割れているとは、店のカウンターの前で、小生、絶句だった。

 吾輩のパネルは修理へ。一週間ほど、要するとか。
 幸い、その間、店の商品を貸与してくれるとか。
 購入して八か月目にしての、大失態であった。

 そうそう、破損なので、修理は有償である!

Sscn2008

 その前に、銀行へ。
 過日、修理交換したボイラー(及び配管工事)の代金を振り込むためである。
 決して、振り込め詐欺に見舞われたわけじゃない。
 
 新しいボイラーが入ったのは、19日。既に5回はシャワーを使っている。
 やはり、いつでもシャワーが使えるというのは、便利だし、ありがたい。

 そのあと、書店へ向かうつもりだった。立ち寄りたかった。
 過日、まとめ買いした本が、4分冊の『夜明け前』の残りの3分冊を除き、ほぼ読了となる。
 車内持込み用の本がなくなっている。

Sscn1999

 なので、最寄りの(恐らく、富山市では一番、本の在庫が多そうな)紀伊國屋書店で本を渉猟したかったのだ。
 しかし、ボイラー工事代は別にしても、寒さ対策費、庭仕事代など、いろいろ物入りで、泣く泣く本を物色して買うという楽しみを断念したのだ。
 足は、図書館へ。
 ようやく自前の本を読めると、書店通いを再開したのが昨年の春。
 またもや、図書館通いの身に舞い戻る。

 しかし、図書館であっても、本を物色するのは、楽しい。
 一番いいのは、本を選ぶ際の基準を多少なりとも下げられることだ。
 どんなことにも、グレーゾーンというものがある。
 本でも、これは断固、読みたい、買いたいというのと、これは論外、眼中になしというものとの間に、面白そう…でも、(特に未知の作家の小説などは)読み始めてみたらがっかり、ということもありえる。
 サイエンスものでも、大概は一回読むと、別に手元になくてもいい本がある。
 あるいは、サイエンス物は大抵、未知の書き手なので、じっくり読まないと、文章の質が量りかねる場合が多い。
 
 というわけで、全く未知の作家の大部の本とサイエンス系の本を2冊、合わせて3冊、借りてきた。

 図書館の帰りは、スーパーで買い物。
 さらに、吉野家さんへ。
 本を買うことを断念した自分への褒美ということで、数か月ぶりに好きな牛丼を買う。
 2食分も。
 昼食と夕食分!

Sscn1992

 牛丼を食べながら、録画しておいた、格闘家の武蔵のファミリー史を見た。
 800年に及ぶ家系のある名家の方。
 一休さんとも関わりのある人物も先祖にいる。
 要所要所で、活躍された先祖が何人も。
 近代でも、従来は戦争の時だけ活動していた赤十字を、平和時も活動できるようにと、世界赤十字を唱導し立ち上げに参画もされた人物がいる。
 明治以降、東大卒が二人出た、名家。
 武蔵にしても、負けず魂で活躍されてきた方。
 先祖の血が心底、煮えたぎっているのだ。
 ファミリーの苦闘の歴史に涙した。

 帰宅してからは、庭仕事。
 過日、断ち切った杉の木の幹や枝葉の細分化や整理。
 紐で括って、燃えるごみの日に出せるように。

 そうそう、合間には、晴れの日ということで、洗濯は言うまでもなく!

 ということで、家の中のことは何もできなかった。
 肝心の読書もできず。

|

« 外出したいのは山々なのだが | トップページ | ヒヨドリの飛来? »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/56210197

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れの日は忙しい…涙もポロリ:

« 外出したいのは山々なのだが | トップページ | ヒヨドリの飛来? »