« 源氏鶏太作品を読み始める | トップページ | マンデルブロの『フラクタル幾何学』へ »

2012/10/18

仏壇設置

 かねてより話のあった仏壇の件、本日、叶う。
 某所(施設)に安置してあったが、都合で置き場がなくなり、貰い手を探していたとか。

Sscn1396

→ 立派な仏壇を座敷の一角に設置。懸命に拭き掃除。

 場合によっては、廃棄も、という事態もありえたとか。
 さる方の仲介で、お宅は座敷が立派だし、大きな仏壇を置く場所もあるから、引き取ってみる気はないか、という打診があり、即座に承知。

 父(あるいは祖父)の代からの仏壇は、ちゃんとある。
 我が家が新築された六十年ほど前に設置されたもの。
 古くなったこともあるし、お墓にしても仏壇にしても、近所はドンドン、新しくなり立派なものに変わっていく。

 それを横目に、父はお墓もだが、仏壇を新しく設置したいと、かねてより願っていた。
 近所への嫉妬の念もあるかもしれないが、自分の代のうちに見栄えのするものをと考えていた。

 というのも、父は地元の町のいろんな世話役めいたことをしていた。
 町内会もだっが、神社の世話、お寺さんの世話、などなど。
 町内に対しては、一番大きなのは、町に保育所ができる際、我が家の土地(田圃)の一部を提供したことがあげられる(保育所はその後、場所を変えた、土地はどうなったのだろう…)。

Sscn1397

← 住職の手で、仏壇に仏具を設置。

 神社の世話もかなり。
 年末年始には、神社に泊まり込みで、受付や世話役を務めた。
 父が亡くなる前々年まで頑張ったものだ。
 お祭りなど祭礼の際の世話は言うまでもない。

 お寺さんとの付き合いも深いし、長い。
 先代の住職が存命だったころからの付き合いで、それこそ半世紀以上、あるいはわが町(当時は村)に来た、明治以来の、それこそ曾祖父の時代からの付き合いらしい。
 お寺さんは、江戸時代には当地にあったという。昔は境内も広く、敷地の一部を小学校創建にあたって提供したとも聞く。

 父も、お寺で何か催しがあるたび、世話役を引き受けていた。
 父は地元の物知りで、儀礼や節目の行事の式次第に詳しかったので、今の住職も重宝していたようだ。
 互いにお寺と檀家の域を超えた付き合いをしていた(お互いにお酒が好きだったし、趣味も重なるものが多かった)。

 こまごました話はいろいろあるが、今の住職はそんな父の長年の願いである新しい立派な仏壇を、という願いに応えてくれたのだ。
 肝心の息子の小生が甲斐性なしで、自力で買うなど到底、叶わないという読みもあったろう。

Sscn1403

→ 座敷全体の光景。仏壇が収まる場所に設置され、引き締まった雰囲気となった。

 そこに、ある施設で仏壇をどうにかしたいという話を聞きつけ、小生に話を持ち込んだもの。
 多少のたらいまわしはあったようだが、小生としては願ったりかなったりである。
 かなりの失費になったが、金メッキの立派な仏壇を新たに買うことを考えれば、文句はない。
 
 午前に設置。
 一時間以上を費やして仏壇(や座敷)の掃除。
 搬入設置の際には就職に立ち会ってもらったが、午後、住職が改めて来てくれて、仏壇への仏具の設置を行ってくれた。
 ついでに、座敷や仏間などの模様替えも。
 座敷に立派な仏壇が置かれ、部屋の雰囲気が随分と引き締まったものになった。

|

« 源氏鶏太作品を読み始める | トップページ | マンデルブロの『フラクタル幾何学』へ »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

うわぁ、立派な仏壇ですね!
義父の仏壇は、押し入れの上段に収まる程度の小さなものです。
やいっちさんちくらい広ければ、これくらいの大きさでもラクラク♪
きっと、ご両親も満足されていますよ。

投稿: 砂希 | 2012/10/18 22:28

砂希さん

新たな仏壇の設置、とてもうれしいです。
父母も喜んでいると思います。
長年の悲願でしたから。

今日は、箪笥や茶棚、飾り棚などの大移動作業に汗を掻きました。
お蔭で随分、座敷や仏間などの雰囲気が変わりました。

模様替えの意味もありますが、家が古く、畳(床)などがゆがんできている。
なので、重たいものを、改築された部屋に移動させ、座敷など古い部屋への箪笥による負荷を減らす、という目的もあるのです。

投稿: やいっち | 2012/10/20 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55918934

この記事へのトラックバック一覧です: 仏壇設置:

« 源氏鶏太作品を読み始める | トップページ | マンデルブロの『フラクタル幾何学』へ »