« ゾンビーと幽霊の間に | トップページ | 「鞦韆」はブランコと読む »

2012/10/23

秋の夕焼け

 この日記がアップされる頃には、雨が降り頻っているだろうが、この数日、夕焼けの光景に恵まれている。
 銭湯帰り、近所の公園の脇を通る。
 出かける時間は、帰りが夕焼けに際会できるよう、計算している。

Sscn1462

 今の時期だと、四時半頃に銭湯へ。
 温まった体で帰るのは、五時過ぎ。
 五時前には公園脇に居て、夕焼けの時を待ち受けるのが理想だが、小さな子供らの多い公園である、変なおっさんが一人、公園で立ち尽くしているのも、不審に思われそう。

 仕方なく、小生はただ、公園の脇を自転車でゆっくり掠めていくだけである。

 この公演が完成する前は、当然、工事中で人影も少なく、小生は格好の撮影スポットと、夕景などに恵まれそうになると、慌ててデジカメ持参で駆け付け、撮影しまくったものだ。
 今は、家の茶の間の出窓、あるいは庭の隅っこから隣家の庭先越しに公園を垣間見るだけ…

 公園の脇を通り過ぎる……ゆっくりと、夕景、夕焼けを眺めながら。
 人気のないスポットで自転車を止め、夕焼けを急いで撮る。

 他の季節に比べ、湿度が低く、空気が澄みきっているからだろうか、夕焼けに限らず、風景が際立っている。
 森羅万象の輪郭が鮮やかである。

 猛暑だった夏も、夢のように遠ざかり、いよいよ冬の到来を予感させる、そんな秋風が吹き始めている。
 築六十年の我が家は、風に戦くように震え、ガタピシ鳴っている。

Sscn1465

 冬を過ごす辛さ、辛抱に耐える日々の到来への、ある種の怯えのようは予感が、意識の底に見え隠れしている。
 死の間際の、一瞬の意識の覚醒のように!
 秋はそんな季節なのだろう。

 清少納言は、『枕草子』の中で、秋について、以下のように表現していることは、小生のような無教養な人間も知っている:

秋は夕暮 ゆふ日のさして山の端いとちかうなりたるに からすのね所へ行くとて 三つ四つ二つみつなど とびいそぐさへあはれなり まいて雁などのつらねたるが いとちひさくみゆるは いとをかし 日入りはてて 風の音 むしのねなど はたいふべきにあらず

 清少納言の観察力の鋭さは云うまでもなかろうが、この短い文言の中でも、たとえば、「山の端いとちかうなりたるに 」などは、まさしくその通りだと思う。
 空気が清明だと、遠くの風景も近寄って見えてくる気がする。
 風景もだが、星や月も、何か手にしえるように見えてくる。

Sscn1283

 古来より「夕焼けの翌日は晴れ」ということわざがあるようだが、月曜はかろうじての夕焼け。
夕焼け - Wikipedia」によると、「日本上空では、偏西風の影響により雨雲は南西から北東へと移動していく。そのため、夕方に西の空が晴れ渡った夕焼けの翌日に、雨雲が来る可能性は低くなるから」という理屈のようだ。

 どうやらこのことわざも外れることになりそうである。
 月曜日の予報によると、今日、火曜日は、ほぼ終日の雨だというのだから。
 

秋の日の夕焼け追いし窓辺かな    (や)

|

« ゾンビーと幽霊の間に | トップページ | 「鞦韆」はブランコと読む »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55949305

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夕焼け:

« ゾンビーと幽霊の間に | トップページ | 「鞦韆」はブランコと読む »