« シェールガスやメタンハイドレートは夢の話? | トップページ | 科学啓蒙書の魅力の彼我の差 »

2012/10/15

青い闇の道

 夢の中の道を歩いている…そんな気さえするほどにリアルな感覚がある。
 踏む足に大地の厚みを覚える。
 砂利と雑草と、コンクリートの破片とが奇妙に入り混じった、茫漠たる道が続いている。

Sscn1217

 道の先は見えず、振り返ることも後戻りすることも叶わない。
 振り返ろうとした途端、方向感覚を失っている自分に気付かされる。
 先というのは、顔がたまたま向いているがゆえに、先と思い込んでいるだけ。

 守り神だったはずの白猫も、すっかり老いて、そっぽを向いたまま。
 もう、お前を守る役目は引退の時期だと呟いている…。

 お前には、もう先がない。
 運は使い果たした。
 ワシの運さえもな。

Sscn1219

 夢ほどにリアルな空間が圧し掛かってくる。
 息が苦しくなる。
 肺胞が詰まっているのか。
 それとも、喉がねじれてしまったのか。

 懇願する思いが脳の血管に塊となっている。
 焦がれる思いは神経細胞を焼き尽くしてしまった。
 生き延びる余地は、夢の中にしか残っていなかったのに、その夢さえ、見ることは叶わない。

Sscn1257

 血反吐のような花が道端に咲いている。
 天国へ、それとも地獄へと導く道しるべ。
 それはそれは美しい花だ。
 お前に終わりを告げる花、彼岸花、曼珠沙華、血の花。
 肺から口へ、口から天へと吐き出された命の花。

 家の裏へ続く道は、青い闇の道。
 あるようであり、ないようでもある、限りなく透明に近いブルーな道。
 幽明の境を彷徨っても、やがては行き止まりとなる道。

 亡霊たちが幾人も先導してくれている。
 だから、決して迷うことはない。
 お前の行き着くところは決まっているのだから。
 
Sscn1222

 みんな、待っているよ。
 みんな…お前が地獄に突き落とした仲間たちだ。
 血の涙のような真っ赤な闇に流れる三途の川に流されて、みんなの元へ行くがいい。

|

« シェールガスやメタンハイドレートは夢の話? | トップページ | 科学啓蒙書の魅力の彼我の差 »

夢・夢談義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55890292

この記事へのトラックバック一覧です: 青い闇の道:

« シェールガスやメタンハイドレートは夢の話? | トップページ | 科学啓蒙書の魅力の彼我の差 »