« 仏壇設置 | トップページ | 我が庭は来る人なしに秋の風 »

2012/10/19

マンデルブロの『フラクタル幾何学』へ

 過日、源氏鶏太著の『銀座立志伝』(集英社文庫)を読み始めた。同氏の作品を読むのは、恐らく初めて。

4480093567

← B・マンデルブロ=著『フラクタル幾何学 上』(広中平祐=監訳 ちくま学芸文庫) 「「フラクタルの父」マンデルブロの主著。膨大な資料を基に、地理・天文・生物などあらゆる分野から事例を収集・報告したフラクタル研究の金字塔」といった本。広中平祐=監訳ってのがすごい。

 富山出身の作家なので一度は読まないと、という義務感で読みだしたが、冒頭の数十頁で、どうにも我慢ならなくなった。付き合いきれない。
 なので、読むのは時間の無駄と、放棄し、上掲書を読むことに。

 上下巻、合わせて千頁以上の大著。カオスやフラクタル、その前にはカタストロフィなどが流行って、カオスやフラクタル関係の本を読み漁ったが、肝心の『フラクタル幾何学』は、大部だし、手が出せずにいた。
 今になって… 
 でも、文庫本に入ったことを幸いに、今、改めて読む!

 車中では、源氏鶏太著の『銀座立志伝』に変わり、田山花袋作の『東京の三十年』(岩波文庫)を持ち込んで読むことに。
『布団』や『田舎教師』などの代表作しか読んだことのない、必ずしも強い関心を抱いていない作家の回想の本だが、読みだしてみると、その交流の広さに驚く。
 畏敬する藤村とも深い付き合いがあるし、文壇の交流録、それ以上に、今は無きかつての東京の面影を辿るに、恰好の本だと分かった。

Sscn1336

 それはともかく、昔の人はホントによく歩くと感心する。
 地名を挙げて、道のりを説明してくれるので、ええー、あそこからあそこまで歩いたのか! と驚くこと、再三。
 それが当たり前だったといえば、それまでだが、とにかく歩く、歩く。

 思えば、小生にしても、大学生となって仙台で暮らし始めた頃は、我ながらよく歩いたものだ。
 通学にはバスを使ったりもしたが、帰りはセンチな気分になることがしばしばだったせいもあり、歩いて帰ることが結構、あった。
 その頃の気分をあざとく(?)表現した掌編に、「ある日」がある。
 小生の処女作品である。

 バスを乗り継いで学校までは一時間半。
 それが、歩いて帰ると、直帰の場合、やはり一時間半なのが面白かった。
 最初の下宿の家でも一時間半だったし、二年を経過して引っ越した山手のアパートも同じ時間を要した。
 山手のアパートからは、朝から歩いて学校へ向かったこともしばしば。

4003102134

← 田山 花袋【作】『東京の三十年』(岩波文庫) 『布団』じゃないが、拙作の「ある日」を覗いてみるのもいいかも。
 
 高校時代、哲学史の本を読んで、逍遥学派(ペデストリアン)という言葉を知った。
 古代ギリシャの哲学者らは、子弟が歩きながら哲学談義をしたという。
 若くて感傷に耽ることの多かった自分でもあったし、哲学や文学などを巡って、ロマンチックなセンチメントを、歩くことで一層、味わっていたのだ。
 いっぱしの哲学者気取りだったのかもしれない。

 何度か、まっすぐに帰らず、仙台の町を半日、歩き続けたこともあったっけ。
 
 そういえば、上京し、西落合(中野)に暮らしていた頃も、幾度となく、会社のあった大久保から自宅まで、かなりの時間を費やして歩いて帰ったものだった。
 切ない恋心を持て余しながら…


 
 

|

« 仏壇設置 | トップページ | 我が庭は来る人なしに秋の風 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

歩くとなにかしら、発見がありますよね。
この家はどうだ、とか、この店は潰れたのかとか。
自転車や車で目的地まで一直線、だとこうはいかない、見えるものも見えない。
逍遥学派懐かしいですね。僕は京都の哲学の道だな。
ところで弥一さん、ツイッターで、リツイート希望って先ほど書き込まれていたけど、何をリツイートするの?

投稿: oki | 2012/10/20 21:59

okiさん

歩くことは好きでした。
若い頃は、少々センチだったこともあり、結構、歩いた、歩き回った…

自転車を駆っての散策も楽しい。

それが今は、用事があるだけの外出。
せっかちというか、慌ただしいというか、せわしないというか、とにかくゆとりがない。

そう、心のゆとりがなくなっている気がします。

逍遥はともかく、哲学の基本は歩くことだと、いまさらながら、つくづく感じます。

京都の哲学の道、昨年の入院の際、念願叶って、歩くことが出来ました。

投稿: やいっち | 2012/10/22 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55919478

この記事へのトラックバック一覧です: マンデルブロの『フラクタル幾何学』へ:

« 仏壇設置 | トップページ | 我が庭は来る人なしに秋の風 »