« 富岩運河クルーズを楽しんだ | トップページ | お墓掃除 »

2012/08/06

オースターと春樹と?

 ポール・オースター/著の『幻影の書』(柴田元幸/訳 新潮文庫)を読了。
 再読。オースターワールドを堪能した。
 実に壮絶な物語性。

521712

← ポール・オースター/著 『幻影の書』(柴田元幸/訳 新潮文庫)

 箱の中に箱が、その中にまたさらに箱が…

 人によって、村上春樹との類似性めいたものを感じることもあるとか。
 小生は村上作品は、数作しか読んでいないし、この数年、少なくともオースターワールドの嵌まってからは、全く読んでいない。

 村上春樹の最新作(?)の『1Q84』も、図書館で借りそびれ、未だ手付かず。
 文庫本も揃った(?)ようだし、そろそろ纏めて読みたいと思っている。

 そんなわけで、必ずしも村上春樹ワールドにドップリはまったわけでもないので、こういった指摘には賛否共に留保せざるをえない。
 村上春樹は、オースター作品くらいは読んだことがあるだろうが、オースターは村上春樹をどう評価しているのだろう。

 その前に、オースターは春樹作品を読んだことがある?
 あるいは、オースター作品を多く訳されている、柴田元幸さんにこそ、モヤモヤを解く鍵がある?
 
 そんな愚想はともかく、本を読みながら体にも手にも汗の滲む夏の最中にあって、小生のような鈍感な者をも物語の渦に巻き込むのだから、やはり、オースターは凄い書き手だ。

|

« 富岩運河クルーズを楽しんだ | トップページ | お墓掃除 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55364966

この記事へのトラックバック一覧です: オースターと春樹と?:

« 富岩運河クルーズを楽しんだ | トップページ | お墓掃除 »