« シートの庭に | トップページ | 久しぶりに書店へ »

2012/08/15

マルケス熱は続く

 蒸し暑い日々が続いてきた。
 涼しく…とまでは願わないものの、せめて夕立くらいはあってもいいのでは、と思っていたら、このところの天候不順である。

Img_20120813_1524241

 夜と云わず昼と云わず、晴れていた空が急変し、驟雨が襲ってくる、そんな数日がお盆に合わせたかのようにやってきた。
 真夜中に雨音や風の悪戯のせいで、家の方々が軋んだりガタガタ揺れたりして、不安な時間を過ごした。

 昼間でも、明るかった空が暗くなり、突然妖しい風が吹き始めたかと思うと、一気に激しい雨が屋根を軒を地面を叩き付けた。

Img_20120813_1525151

 雨は程度によっては待望の雨となるが、濁流になるような雨は辛い。
 夕立を望んだのに、いざ降ってみると、雷雨。
 思うようにはいかない…って、別に小生の意思が天に左右するはずもない。

 そんな中、庭で草むしり作業の負担を軽減するため、シート類を敷く作業に取り組み、家の中では休憩も兼ねて読書。
 一旦、外で作業すると、体が熱を帯び、なかなか汗が引かない。
 扇風機に真っ裸の体を晒して、ひたすら汗の引くのを待つ。

Img_20120813_1525391

 汗が滲む程度に収まったら、アームチェアーに身を埋め、読書と相成るわけである。
 無論、外作業から戻ったら、スポーツドリンクを始め、冷えた野菜ジュース、お茶、牛乳、水などをがぶ飲みする。
 体に栄養分が漉し取られ(← 希望的観測)、水分と老廃物が、汗として流れ出ていく、その体内の体液などの循環を実感するようでもある。

Img_20120813_1523391

 遅々として進まない読書だが、一昨日、 石川 忠久【著】『漢詩の魅力』(ちくま学芸文庫) を読了。
 久しぶりの漢詩の世界に、雄渾なる古典と歴史の世界に、心だけは浸らせた。

 続いては、G・ガルシア・マルケスの『愛その他の悪霊について』(新潮社)を読み始めた。
 以前、図書館の本で読んだが、敢えて購入しての再読。
 小生のガルシア・マルケス熱のほうは、まだ当分、冷めやらぬようである。

|

« シートの庭に | トップページ | 久しぶりに書店へ »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55428266

この記事へのトラックバック一覧です: マルケス熱は続く:

« シートの庭に | トップページ | 久しぶりに書店へ »