« コンベンションタクシーとは | トップページ | 『タイピー』から『白鯨』に至る謎 »

2012/07/27

大童

 いよいよ三回忌の法事の日が迫ってきた。
 畑や庭の草むしり作業は、思い通りには進まなかったが、恐らくは親族の誰も、庭の様子などには頓着しないだろうし、現状で十分と思うことにする。

 先日は、親戚のものがやはり法事で我が家の近所にある菩提寺を訪れ、ついでというわけではなく、我が家のお墓に参り、我が家の仏壇にも参って行かれた。
 身体が自由ではないので、親族に送迎を願っての墓参である。

 先週のうちに、完璧ではないものの、墓掃除を済ませておいて良かった!

 今日は最後の追い込みじゃないが、主に家の中のことに専念した。
 外のことは、朝から昼間にかけて日の当たる座敷縁側に大きな日除けシートを張り、庭を竹箒で掃いたくらい。
 回転式モップを買ってきて、座敷や仏間、座敷、奥座敷、台所、廊下などを徹底してモップ掛け。
 もう、汗だくである。
 座敷や仏間などは、畳が擦り切れている。
 畳の入れ替えなど論外なので、一畳の、更に四畳半の畳表を買ってきて、西日で変色したり、破れたり、擦り切れている畳の上に敷いた。
 弥縫策というわけである。

 あっるいは、仏間の隣の六畳間は、通常なら(日頃は)桟に長い棒を渡して、干し終わった洗濯物を引っ掛ける場になっていたりする。
 三回忌の日は、住職の控えの間となる予定なので、 無論、それでは見苦しいので、全て余計なものを片付け、スッキリさせた。

 仏花や法事用の蝋燭の用意、茶菓子や、コップ類の用意などなど。
 玄関も、観葉植物で済ますわけにいかない、ちゃんとした花を活けておかないと。
 六字の名号(掛け軸)を座敷に…

 大童(おおわらわ)というわけである。

 夕方、一段落付いて、ひと休み。
 ふと、何か肝心のことを忘れているような…
 そうだ! お坊さんへのお布施の用意をしていない!

 ああ良かった、ギリギリ思い出すことができて… 助かった。

…まだまだ何か忘れているような気もする。
 そもそも法事の日に着る喪服、ちゃんとクリーニングに出してあったっけ?
 これは、今更、確かめるのは怖い。
 あの時のままだと、今さら気付いたって、手遅れだ。

 そう言えば今年の春先だったか、近所(町内)の方が、亡くなり、通夜葬儀に参列したんだっけ。
 その時、クリーニングに出すのを忘れ…ああ嫌だ悪夢だ。
 喪服については、当日の朝、確かめよう!

|

« コンベンションタクシーとは | トップページ | 『タイピー』から『白鯨』に至る謎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

弥一さんところは、浄土真宗ですから、六字名号ですね。
あれ、三回忌でも喪服着られるの?
マナー集には一回忌までで良いとありましたよ。
まあ無事に三回忌が終わりますように。
数珠を持って来ない人とかいろんな人僕もみましたよ。
しかし暑いですね。1人用冷蔵庫買いました。

投稿: oki | 2012/07/27 21:50

okiさん

三回忌、今日、つつがなく(?)終わりました。
自分なりに頑張りましたが、周りの方々の協力あっての賜物です。
ホッとした!

ちゃんと喪服で通しました。

一周忌も四十九日も、初七日も、通夜葬儀の日も、みんな暑かった。
一人用冷蔵庫、便利ですね。
小生は、東京在住時代使っていた冷蔵庫、今も使ってます。
家庭用冷蔵庫もあり、使い分けています。

この暑さ、ずっと続きそう。
サバイバルです。

投稿: やいっち | 2012/07/28 22:19

やいっちさん

三回忌、無事に終えられた様子。
本当にお疲れ様でした!
過程とか、読んでいますと色々と勉強になります。
喪服の件とか、ハラハラしてしまいましたが・・よかったー!

一先ず休息。
どうぞごゆっくりなさって下さいませ。

投稿: のえるん | 2012/07/29 20:12

のえるんさん

三回忌、お陰様で恐らくは大過なく、終わりました。

長く富山を離れていたので、葬祭などのしきたりや手はずなど分からず、ギクシャクしながら、なんとかでした。
反面教師かもしれないですね。

喪服、春先、近所の葬式で使った。
その際、Yシャツだけクリーニングに出し、黒の上下はそのまま。
寒かったし、汗を掻くはずもなく、黒の上下は、出さなかった。← 汗!

今日はひたすらのんびりしました。
下手すると、ずっと気が抜けたままになりそう。

投稿: やいっち | 2012/07/29 21:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55293118

この記事へのトラックバック一覧です: 大童:

« コンベンションタクシーとは | トップページ | 『タイピー』から『白鯨』に至る謎 »