« 土に還れ! | トップページ | 野菜の収穫が嬉しい »

2012/07/11

今年もアガパンサスの花の庭

 今年もアガパンサスの花が咲き始めた。
 清楚と言うべきか、やや地味な雰囲気の漂う花。
 実際、咲くまでは、ただ葉っぱが無闇に伸びているだけで、知らないと、うっかり小さな葉っぱのうちに摘み取ってしまいかねない。

Img_20120711_17250011

「アガパンサス属 (Agapanthus) とは、単子葉植物 の属のひとつで、南アフリカ原産。日本では園芸 用に球根が販売される」とか、「花期は6-7月頃」、「花言葉はギリシャ語で 「愛の花」という」といった辺りを抜粋しておけば十分だろう。

「別名は「ムラサキクンシラン」ですが、実際のクンシランとは何のつながりも ない」とか。

          (中略)

「Agapanthus(アガパンサ ス)はギリシャ語の「agapa(愛らしい)+ anthos(花)」の組み合わせことば」で、「明治 時代中期に渡来」という(「季節の花 300 アガパンサス」)。


 大学は哲学科を志望したこともあり、哲学史の入門書なども 読み齧った。 その中で、エロスとアガペーという愛の二種類の言葉(観念)を知った。


Img_20120711_17160211

 後に俗っぽい、誤解を招く理解だと思い知らされるのだが、当時は、エロスは ギリシャの言葉であり、地上的な愛、肉体的な愛であるのに対し、アガペーなる 愛は、キリスト教的な、精神的な愛情といった理解・紋切り型の対比を鵜呑みに してしまった。

なので、アガパンサスなる花の名前が、愛の花なのだと知って、ちょっと懐か しくなったりしたのである。

Img_20120711_17154711

「眠るって、どういうことだと思います?」
「眠る? 睡眠ってこと? それは……。生きるために必要なこと でしょ」
「そうなんですけど、動物にとって、生きるために睡眠が必要な んです。ボクはね、睡眠って、植物状態への還帰だと思うんで す」
「植物状態への回帰?」

Img_20120711_17151511

「そう、植物状態への還帰です。つまり、大地から切り離されて 生きることを余儀なくされた動物も、決して、本来の生命体の生 き方、つまり大地から切り離されては生きられないということを 思い出させるための宿命的な定めってことです。眠るって、その 間に覚醒状態で得られた情報などを整理する、なんて意味合いが あるのでしょうけど、一番、大事なのは、大地との不可分離の関 係の確認だと思うんです」


|

« 土に還れ! | トップページ | 野菜の収穫が嬉しい »

写真日記」カテゴリの記事

コメント

植物状態への回帰、
すばらしい。

睡蓮なんかに回帰した日には、
もう目が覚める気がしません。
ヘクソカズラとかオオイヌノフグリとかはご勘弁、
どちらもかわいい花ですけどね。
雑草という名の草はない、なんて言うけど、
名前を聞いたらますます雑草ですな~。

四季のある国の植物は、
エロスに向かう春夏と、タナトスに向かう秋冬があって、
僕などはあれこれ理屈をこじつけたくなるのですが、
アガパンサスは、常緑種と落葉種と、さらには中間的な中途半端な種があるのですね~、
なかなかしたたか者です。

思い浮かべただけで眠りを誘うのは、
植物性プランクトンでしょうか。
海でゆらゆら浮遊するなんて、かなりの原初まで回帰できそう。

国見さんの好きなクラゲも、
多細胞のプランクトンで、
きっと生まれてから死ぬまで熟睡しています。
ちょっとうらやましい気もしますね。

投稿: 青梗菜 | 2012/07/12 19:26

青梗菜さん

今、車中でジル・ボルト・テイラー著の『奇跡の脳』(新潮文庫)を読んでいるところ。
脳内の血管の先天異常で左脳内に出血。血の塊が左脳内を圧迫。脳卒中に。
計算も記憶も思考もダメ。歩くことも動くことも一時、不能に。
脳科学者である本人やその母を始めとする懸命の努力でリハビリし、復帰する。
本書での記述は脳卒中で倒れる過程の、科学者ならではの記述、特に(まだそこまで読んでないけど)右脳のみが健在での、宇宙との不思議な一体感の叙述。

ということで、以前書いた、植物状態を巡る掌編を思い出したわけです。
掌編のほうは、結末部分への(あからさまな)伏線として、植物状態なる概念を変則的に使っているわけです。

こういった題材は 本来、 興味深いので、もっと突っ込んで書ければいいけど(クラゲは宇宙の夢を漂う!)、青梗菜さんのほうが、適任ですよね。

投稿: やいっち | 2012/07/12 21:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52847/55173168

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もアガパンサスの花の庭:

« 土に還れ! | トップページ | 野菜の収穫が嬉しい »